謎のフィン

謎のフィン

2015年05月20日

今朝のメニューはキックが盛りだくさん。
特にトライアスリートは苦手な人が多いですよね。
昔のトライアスロンの入門書には、トライアスロンはウエットを着るのでキックはほとんど使わない、足はバイクやランの為に残しておかなければいけないのであまりキックを使ってはいけない。と書いてあった事を都合のいい方にとらえて、必要ない→練習しなくていいと考えてさらに悪循環になっていくんでしょうね。自分もそうでした。

トライアスリートやオープンウォータースイマーでも速い人の泳ぎをみるとしっかりキックは打っているんですよ。キックは推進力を出す為だけではなく、身体を安定させ水平姿勢を保つ筋力を身に付けるのには手っ取り早い方法だと思います。
苦手だから、使わないからやらないではく、苦手な練習こそ積極的にやって苦手意識をなくしていきましょうね。

キックと言えばレッツスイムで密かに流行っている謎のフィン。ハンドメイド感満載の一品ですが、中々の優れもの、らしい。
・コンパクトサイズ
・軽量
・通常のフィンよりも素足感覚に近いキックが可能
・安い(大きいサイズで¥1000)
・自作できそう(特許出願中だそうです)
・装着してても目立たない。なので「フィンしてんだから前行って」と言われない。

興味を持った方は新代田で闇販売しているメンバーがいるので探してみてください。ネットでは売ってないそうです。
品川ではレンタルで置いてありますよ。

明日の新代田は加藤先生・平田が担当です。
木曜日、黙々泳ぐロング系メニューでお待ちしています。

>