NEVER ENDING STORY 湯澤さん日本新記録の巻?

NEVER ENDING STORY 湯澤さん日本新記録の巻?

2015年01月25日

湯澤淑江さんの日本新記録樹立のニュースから早1週間が経ちました。
しばらくは新代田のサウナや更衣室はさぞかしにぎやかなだったでしょうね。
とにかく、快挙!おめでとう!の一言に尽きる出来事でした。
湯澤さんが努力の人でここまでたどりついた事は守谷先生のブログにもあったとおりですが、1週間が経って少し落ち着いたところで、さらに、何がどんなふうにすごいのかを改めてご紹介させていたきたいと思います。

まず、湯澤さんが今回樹立した日本新記録ですが
[color=#F00][strong]女子80歳区分(80〜84歳)
400m個人メドレー(長水路:50mプール)
 [big]10分38秒61[/big][/strong][/color] というものでした。
マスターズの年齢区分はその年の12月31日付で計算するので、今年10月に満80歳になる湯澤さんにとって、今年はチャンス!
従来の80歳区分の日本記録は11分52秒23ですから、1分以上も記録を大幅短縮したことになります。400mで1分以上ですよ!100mあたり20秒近くにもなります。そもそも1500フリーは泳げても4個メは完泳できる自信がないな、という人も多いかもしれません。
すごい、すごい、すごすぎる!でしょ!
ちなみに、85歳区分の4個メの日本新というのは今現在存在しません。つまり、85歳で4個メを泳げる日本人はこれまでいなかった、ということになります。
そんなことからも、「80歳で4個メを泳ぐ」ということの意味、その重みがよく分かっていただけると思います。本当にすごいことなんです。
そんなすごい人をオーシャンナビから輩出できたことはとても感慨深いですね。

日本新を樹立した当日、乾杯の席で湯澤さんが仰った言葉が
すごく印象的でした。
「水泳を始めさせてくれた主人に感謝している」と。
きっと晴れ渡った空の上で、ご主人も湯澤さんの力泳を見守っていてくださると思います。
そして今回の記録樹立を見守ってくださったたくさんの仲間たち
・・・湯澤さんは本当に何かを持っている人だといつも思います。
それは運なのか縁なのか、果たして何なのか、よくわからないけど、
すべての物事がピタリと合わないと生まれないこの瞬間を与えて頂いたこと、私は深く感謝しています。
湯澤さん、感動をありがとう!!!

さて実は、2015年、湯澤さんの日本新記録への挑戦イヤーはまだ始まったばかり。
最低でもあと二回、日本新記録樹立の可能姓大です。
4月の短水路大会で400m個人メドレー(短水路)、
10月の深谷ディスタンスで1500m自由形(短水路)の記録樹立が期待されます。
どちらも昨年の同大会で樹立した79歳時のタイムが、現在の80歳区分の日本新記録をしのいでいます。
きっとまた見事に決めてくれると思います。
そして、5年後、85歳になった時、日本新記録はもちろんですが、このままのタイムを維持できれば世界新記録も見えてきます。まさに今はまだ「夢の途中」。
ネバーエンディングストーリーに乞うご期待!引き続き応援宜しくお願いします!!!

皆さんも夢は大きく!努力は必ず実を結ぶ!!!明日も元気に泳ぎましょう!(マスターズ担当:浅見 真琴)

>
>