ベルヌーイの定理

ベルヌーイの定理

2014年10月18日

久しぶりに台風の心配をしなくていい週末で、皆さんお出かけなのかな?新代田は落ち着いた人数でした。

御蔵島に出かけた守谷先生が用意してくれた今日のメニューでは
「リカバリーを丁寧に泳ぐこと」が要求されていました。
そこで今日は、リカバリーの一つ前の動作、
プッシュについて考えながら泳いでもらう練習をしました。
よく「プッシュをしっかり」「ももまでしっかり」かきましょう、
などといわれることがありますがそれはそれで正しいのですが、
「プッシュ」という言葉のイメージにとらわれすぎて
しまっていませんか?というのが今日の課題。
「プッシュ」=押す、という連想だけだと、プルの後半(へそから先)
を「エイヤーッ」とアクセントを必要以上につけて押してしまっている人も少なくありません。
そういう傾向のある方は、指先や手のひらが先に水の外に出てしまうことも…
肩に必要以上の力が入ってしまうことも…。
「プッシュ」とは言っても、実は水をいつまでも押し過ぎないことも大切。
上手な人はみぞおちからおへそにかけてのポイントで水を手放しています。
でも手(てのひら)は腿までちゃんと来るんです。
なぜなら、前方に進もうとする物体は先端から後方への流れの中にあります。
だから、右手が前、左手が後ろ(体側)にある状態では左手は後方へ少しなびいているとイメージすると分かりやすいかな。(難しい言い方をすると〈ベルヌーイの定理〉に基づいていますが)手っ取り早く言うと、自分の身体を前から引っ張られているサラシや反物のように考えると、水に乗る感じが良くなるかもしれません。
とっても抽象的な説明になってしまいましたが、ぜひ試してみてください。
で、すっかり脱力した状態のプッシュから手を抜き上げると、リカバリーが自然とヒジからフィンガーチップ気味になりますよ。それが今日のドリルの本意でした。

で、巷で噂の!福島先生の婚活キャップ!ご覧になりましたか?
さりげない色使いがニクイ!今後レッツスイムロゴとのダブルネームで婚活キャップ量産か???
でも今日は、見事に既婚者ばかりの新代田でした。
明日の担当は東先生と福島先生です。
以前から、一体誰が婚活中か水着姿ではわからない!という声もありました。
同じく婚活中の老若男女の皆さん、明日は何か赤いものを身に着けて泳ぎに来て下さい(笑)
明日もたくさん泳ぎましょう!!!    (真琴)