レース後の休養方法は?

レース後の休養方法は?

2014年09月02日

9月に突入ですね。
こんにちは、さくです。

9月というと、なんか夏が終わってしまったような感じがする人もいるかもしれませんが、海シーズンはまだまだ続きますよー。これからが海はベストシーズンですからね。

先週末は、湘南オープンウォータースイミングに参加してきました。10kmと2.5kmを合わせて、オーシャンナビから80名ほどの方がレースに出場。ボランティアを入れると、2日間で延べ100名以上の方が参加していただきました。
土曜日・日曜日ともかなり肌寒いコンディションの中、ボランティアとしてレース運営を手伝っていただいたみなさま、ありがとうございました。

わたくし櫻井も、土曜日は10kmのレースに出場し、翌日曜日は2.5kmのスタッフとして参加しましたが、日本最大級のOWSレースでみなさんと一緒に奮闘し、また、みなさんの力泳を送り出すことができて、とても内容の濃い2日間でした。

今日のレッツスイム新代田は、火曜日にしてはちょっと参加者が少なめでしたね。みなさん、レース明けの休養でしょうか?
ご存知の方も多いと思いますが、スポーツ界では疲労回復に「アクティブレスト」というものが取り入れられています。(最近では、日常生活でもよく応用されているようですね)

疲れを感じた時になにもせずに過ごすよりも、身体を軽く動かしたほうが、疲れが早く取れるという考え方です。

このアクティブレストにはいろいろ意見があるようですが、今まで数多くのレースに連戦連戦で参加してきた個人的な経験から言わせてもらうと、とても効果的な疲労回復法だと思っています。
レース後にホッとして2,3日の完全休養に入るのも悪くはありませんが、それよりは軽めの運動を行ったほうが、より回復が早いと思います。
でも、あくまで「軽め」の運動です。レッツスイムで言うと、いつも2時間練習するところを1時間だけ泳ぐとか、いつもよりゆったりめのサークルのコースで泳ぐとか。
もし「レース後は完全休養が一番!」という人がいたら、一度アクティブレストを試してみてはいかがでしょうか。

今日の新代田のtotal距離は、
1コース:4650m
2コース:4400m
3コース:4300m
4コース:3950m
5コース:3600m
でした。

明日のレッツスイム新代田の担当は、守谷先生と平田先生です。

また明日は、夜の練習会もあります。水曜夜の練習会は目的に合わせて2つから選べるようになっています。
◆basic(19:30〜20:30)ラフォーレ東京フィットネスサロン内25mプール
◆海を泳ぐ為の4泳法(19:30〜20:30)国立代々木競技場インドア50mプール
どちらも、お申し込みは[ml]info@ocean-navi.com[/ml]まで。

そして明後日も夜の練習会がありますよ。木曜夜の中級レベル練習会『[url=http://www.ocean-navi.com/swim/onswim.html]target[/url]』
こちらも、マスターズスイマー・オーシャンスイマー・トライアスリートなど、みなさんそれぞれの目標に向かって盛り上がっています。代々木インドア50にて19:00スタート。
今週は、おんじゅくオーシャンスイムレースへの最終調整も踏まえ、心地よいスピードでで泳ぐペース練習を予定しています。
もちろん遅れての参加もまったく問題なし。ぜひお越しください!

それでは、明日もみなさまのお越しをお待ちしてます。

ほなまた。

 
 

>
>