浦島太郎ごっこ

浦島太郎ごっこ

2014年06月17日

今朝は久しぶりの椅子スカーリングで幕を開けた新代田でした。椅子スカーリング、楽しいですよね。うまく乗れると浦島太郎みたいな気分になれるので私は好きです。
ウラシマ気分を味わう為のコツはヒジを動かさないこと(とくに後方へヒジが来ないようにすること!手は前ならえ方向に!)・肩(僧坊筋)で腕を持ち上げようとしないこと、ヒジより手先が下がっていること・あんまり大きくかかないこと(自分の体の中心線から肩幅程度)・そして椅子(ビート板)に深く腰掛けること(王様の椅子に座った気持ちで)・・・書き出してみると結構あるなあ。
とにかく、櫻井先生の鉄板ドリルですから、次回はもっと上手になってさくちゃんを驚かせてくださいね。
ちなみに最近海4でもこれに近いドリルをやりましたが、椅子スカーリングは平泳ぎのキャッチを良くするのにもお役立ち!平泳ぎはプルの初動で水が引っかかれば、あとは水をいつまでも持ちすぎない(かくのをやめる)、水を手放す?(水は勝手に後方へ流れを作り出し、自分は何もしなくても流れに乗って前へ滑る)ことが大切で、それがクロールにも生きてきます。よくテレビの見過ぎで北島選手の平泳ぎのように脇をやたらと締めてボディーポジションの高いリカバリーをしようとする人がいるのですが、そうするためのはプルの初動から脇を締めるところまでずっと力任せになってしまい、とにかく疲れます。
競泳のトップレベルの選手ならともかく、ゆったり海を泳ぎたい私たちにはまず必要のない技術といっても過言ではありません。確かにガバっと身体を上げてドサッ前に伸びると「俺って平泳ぎ泳いでんだぜー」的な気分にはなりますが、得てしてそれは妄想に過ぎません。普通の人がそう泳いでも決して大して進んでませんから。
クロールも平泳ぎもフラットに泳げることがまず海泳ぎでは基本中の基本。
呼吸の時に見える景色が穏やかに変化するのがgoodですよ。
これ以上書くと長くなりそうなので、海を泳ぐための平泳ぎの正解っていうのはまた新代田で会った時にでも聞いてくださーい!

明日の新代田は櫻井先生と康子先生が担当です。
水曜の夜はbasicと海4もありますよ!
海4は今月パドル付で平泳ぎをやっています(道具嫌いな私にしてはめずらしいメニュー!)
まさに椅子スカーリングの応用編!
みんな初めての体験だと思うので結構楽しんでます。
18(水)・25(水)とも残席わずかなのでお申込はお早めに!
7月の海4はバタフライの予定です。

また、来週6月23日(月)のLetsSwimMondayはお休みになりますが、7月〜8月のレッツマンデーはレッスンの後半を使って平泳ぎ7変化の予定です。
7月は7/7(月)・14(月)・28(月)の3回実施します。
詳しいことはまた告知をさせて頂きますが、イチから平泳ぎを覚える為の練習(まったく泳げない方、あおり足の方大歓迎!)と、ガンガン平泳ぎで泳ぎたい人のための練習を両方用意します。
クロール以外でひたすら泳ぐことってなかなかないので、それはそれで新鮮だと思いますよ。レースに向けてクロールで泳ぎこんでいる人はこういうメニューがアクティブレストになると思います。もちろん前半の半分はクロールor海泳ぎのテクニックを入れたドリル多めのメニューは変わりませんので、皆さんの目的に応じてご参加いただければと思います。

ではまたお目にかかります日までごきげんよう(⌒∇⌒)ノ"" (真琴)