積極的に先頭で泳ぎましょう

積極的に先頭で泳ぎましょう

2014年04月24日

本日の新代田の各コースの距離はメインで時間が足りなくなり少しだけ本数をサービスして、
1コース4950m
2コース4450m
3コース4050m
4コース3950m
5コース3450m
でした。
今朝も「お先にどうぞ」の譲り合い合戦が。確かに人の後ろを付いて泳ぐのは楽に感じるし、本数やサークルタイムも気にしないで泳ぐ事ができますからね。
実際、人の後ろをついて泳ぐと400mで10秒速く泳ぐと言われています。と言う事は1500mで37.5秒も自分の実際の泳力よりも泳げる事に。しかしレースで楽だなと思って人の後ろに付いていたら逆にタイムを見たら逆に遅くなってしまったなんて経験はありませんか?海などプール以外で泳ぐ時は25mや50mごとに細かく距離も分からないし時計も頻繁に見る事もないので自分がどのくらいのペースで泳いでいるのか全く分からない状況にあります。自分自信のペース感覚を掴み、身につける為にも普段のプールでの練習ではタイムを確認しながら練習するようにしましょうね。後ろについて泳ぐだけでなく自分でペースを作りながら泳ぐ練習も大切ですよ。

明日の新代田は櫻井先生と平田が担当です。
6時40分からはサーキットトレーニングもありますよ。