70点満点の泳ぎでOK

70点満点の泳ぎでOK

2014年04月21日

これから夏に向けて忙しくなる先生方に代わって、4月からしばらくの間Let’sMondayを担当している真琴です。
今日は4月に少しだけ趣を変えてから2回目のLetsMondayでした。
守谷先生からは「とにかく他のところではやらないようなことをやってよ」(それが一番難問だよ←私の心の声)ということだけがクラスの条件で、あれこれ思案しながら、いろんなことをやっています。
真琴先生だから、4泳法のクラスなんでしょ?と思われているフシがありますが、正しくは『4泳法「も」泳ぐクラス』というのが正しいかな?
まだ2回目ですが、これまでのところ、4泳法だけで構成したメニューはありません。
あくまでクロールが主体で、4泳法を「混ぜて」いっぱい泳げるメニューを心がけています。
参考までに初回は前半が50mのセットメニューでいつもより4泳法の比重多め、後半はドルフィンクロールでたくさん泳ぎ、今日の前半は苦手な側の入水に合わせてヘッドアップスイム、後半は10分間の時間泳を3本(1本目クロール・2本目平泳ぎ・3本目クロール)。
あんまり詳しくは書けないけど、4泳法の混ぜ方は具を細かく刻んでちりばめた混ぜご飯みたいな感じ。もし嫌いな野菜が入っていても、細かく刻んであれば子供も喜んで?騙されて?食べちゃう!みたいなノリで進行しています。食事もバランスよく食べれば体にいい!泳ぐのもそれと一緒です。しかも、このクラスでは、いくらしつこい熱血先生でも100点満点の泳ぎは求めません。細かいことにこだわるよりも、70点満点の泳ぎでいいので、残さず食べてもらえたらそれだけでべた褒めされること間違いなしです。
ただ、今ひとつだけちょっとこだわっていることは「道具を一切使わないこと」
ビート板はもちろん、皆さんの大好きなプルブイ・パドルもLet’sMondayではしばらく封印してます。使わないとなると、改めて身に染みて分かるパドル様・プルブイ様のありがたさ!もちろん、これはあくまでも一時的な方針で、いずれはまた使い始めようと思っていますが「そこには水しかない」という環境でのメニューを考えることは先生にとってもその真価を問われる感じがして気持ちが引き締まります。
何と言っても「そこには海しかない」環境で戦う皆さんを応援するメニューですからね、6月くらいまでは極力道具の使用を抑えて水を感じてもらいたいなと思っています。
スイムばっかりやって飽きないの?そんな心配は無用です。飽きっぽい人ほど4泳法を混ぜたメニューは向いています。それに、ストリームラインやスカーリングや水中キックなど、道具なしで追及できる水感を良くするテーマはいくらだってありますからね。
ぜひ皆さんも一度体験しにいらしてください。

来週28日(月)のLet’sMondayは、浅見と宮杉先生で担当します。
水上からざっくりとした4泳法の撮影を予定しています。
その人ごとの泳ぎの傾向は、良いところも悪いところも4泳法に共通性があるもの。
普段クロールの動画はたくさん見ていると思うので、違う泳ぎから見たら改善点へのアプローチが見えてきたりもするものです。ぜひ新しい自分を探しにいらしてください!
宮杉先生とワタシ、どちらもよくしゃべるので、今日よりは泳ぐ距離は少ないかな?
今日は気がつけば1コースは5000m越えでした。
そういえば4コースで泳いでいた婦人部長もおとなしかったような・・・。
明日はぜひにぎやかに泳いでくださいね。    (真琴)

〜Let’sMondayは前半と後半にそれぞれメインメニューを用意して構成しています。
なので、早退しても遅刻しても、大丈夫!〜
[url]http://www.ocean-navi.com/info/topics/140319111002.html[/url]