キックの効果

キックの効果

2014年03月27日

今朝はキックが苦手な方々の冷たい視線をものともせず「キック」を中心に
1コース 4600
2コース 4450
3コース 4200
4コース 3800
5コース 3550
泳ぎました。
レースではウエットスーツを着るし、バイクやランに脚を残したいからトライアスリートにはキック練習はあまり必要ない。と思っている方はいませんか?
前にもブログで書いたかもしれませんが、キックは水泳の基本中の基本練習。単に推進力を付ける為だけではなく、ストリームライン(姿勢)をキープする為の腰・背中・腹筋を同時に連動させて鍛える事ができるのです。この体幹郡の筋力を鍛える事によって腰の位置が安定し、足を開いてバランスを取らずにブレない泳ぎが出来るのようになります。頑張っているわりにはあまり進まないし効果が出ている感じがしないかもしれないけど、毎日少しでもやっていれば必ず泳ぐ姿勢に違いがでてくるはずです。速く進むことにこだわらず水泳に必要な体幹の筋肉を鍛える為にもキック練習は積極的にやりましょうね。

明日の新代田は守谷先生・平田です。
6時40分からはサーキットトレーニングもあります。泳ぐ前に体幹の筋肉を意識付ければさらに効果倍増です