障害物には臨機応変に!

障害物には臨機応変に!

2014年03月09日

こんばんは。久々にブログ登場の福島です。

今朝のレッツスイムはちょっと少なめの人数でスタート。
菅平の合宿で泳いでる方々もがんばってらっしゃったようなので、
こちらも負けずにがんばりましたよ〜。

今日のドリルはストローク数を減らして泳ぐ、でした。
見ているといつもの泳ぎよりも断然綺麗に泳げている方が多かったです。
普段無意識に泳いでいるときと違って、意識的にストローク数を
抑えて且つスピードは落とさないとなると必然的に効率よく水を
捕らえようとし、それが大きくて綺麗な泳ぎにつながっていたんだと思います。
中には「ストローク数を抑えようとゆっくり泳いでもいつもみたくがむしゃらに泳いで疲れるときとスピードが変わらない」とおっしゃってる方もいらっしゃいました。きっと、がむしゃらに泳いでいる時は余計なところに力が入り
空回りしちゃってるんでしょうね。
それなら疲れずゆったり泳げた方がいいですよね〜

後半はコースロープを横に二本張って潜り抜けつつ泳ぐ、という練習をやりました。コースロープにぶつからないようにね〜って言ったそばからぶつかって手で持ち上げてる姿を何度か見ました。
プールではありませんが、海では障害物は付き物です。
いかに素早く障害物を見つけ距離を把握し回避するかが重要なテクニックの
ひとつです。今回のようにコースロープとわかっていればぶつかっても大丈夫ですが、障害物が危険なものの場合もあります。
また突然波がきたときに咄嗟に判断し、くぐりぬけなければ波に戻されてしまうなんてこともあります。
どんな状況にも対応できる柔軟性を常にもって泳ぎましょう!

明日は月曜日なので、櫻井先生のLet’s Swim Mondayがありますよ〜
サポートは阿弥先生が入ります。
是非参加してご自身のフォームの見直しに役立ててください!
櫻井先生のお手本フォームが見たい!との声もあったので、
もしかしたら近々アップされるかもしれませんね・・・。

>