海でトレーニングするときは気をつけよう!

海でトレーニングするときは気をつけよう!

2014年02月19日

これからだんだん暖かくなってくると海に練習しに行きたくなりますよね。でもちょっと待った。安全対策はできていますか?個人的に練習に行く場合はとりあえず自己責任。とはいうもののやはり海でスイマーが事故を起こしたとなるとやはり自分だけの問題ではなくなってきます。オープンウォーターやトライアスロンを楽しんでいる方に一般の方の眼が向けられることになりますね。力を過信してルールを守らず事故を起こしたとなればなおさらです。 海にはその場所場所でローカルルールがあります。やはり勝手に泳ぐことはかなり危険。小型船舶や水上バイクが航行していたり、ウインドサーフィンなど沖を猛スピードで走らせていたり、突然流れの変わる場所なんかもあります。できる限りライフセーバーや海の状況をよく熟知した者が同行した上で泳ぐようにしてましょうね。

さて今朝は15分間ロングなんかをメニューに入れてみました。先頭を泳ぐ方にペースメーカーになってもらい、1コースは100mを1分30秒ペース、2コース1分45秒ペース、3コース1分55秒ペースと、正確にラップを刻んでもらい、そのペースにコース全員が引っ張っていってもらうという練習。 これが意外と好評。こういったトレーニングをどんどん入れて欲しいという声もありました。そうですね。オープンウォーターやトライアスロンはこのようなペース練習はとても大切。これからどんどん入れて行きましょう。 湘南10kmってこのペースで行けば完泳できるんだ!なんて感想もありました。

さて明日のレッツスイム新代田は平田先生と櫻井先生が担当です。明日も早起き頑張ってみんなでトレーニングしよう!待ってますよ。