イーハトーブマスターズ・スプリントマスターズ 報告

イーハトーブマスターズ・スプリントマスターズ 報告

2013年12月22日

またまたご報告がとても遅くなってしまいましたが、マスターズ年内最終戦イーハトーブマスターズ(11/23・盛岡)とスプリントマスターズ(12/1・と千葉)のレポートをさせて頂きます。かなり長くなってしまいましたので覚悟して時間のあるときにでも読んでくださいませ。

11/23のイーハトーブマスターズは、オーシャンナビマスターズチーム初の地方遠征!だからノボリを立てて気合十分の東北旅行かと思いきや、集合も出場種目も三々五々「好きな時にやってきて好きな時に好きな泳ぎを気楽に泳ぐ」をモットーに、レースとおいしいものを食べるときだけは抜群のチームワークで頑張ってきました。

今回のレースレポートは2コースのアイドル、我らが棚町さんにお願いしました。
レポートにもありますが、この大会では棚町さんに「4個メと100バタ」という私の得意種目をやや押し付けで無理矢理泳いでいただくに至ったのですが、私には「最終的には1500フリーだけじゃなくて4個メを泳げること」が海で絶対的な強さを発揮するためにマストだという信念があり、まず棚町さんに白羽の矢を立てました。(応用編としては4個メ完泳の後は究極は200バタまで安定して泳げたら言うことなしと信じています)
その深いーい所にある4個メと2バタの極意はゆくゆくゆっくり説くとして、まず見事その目標を果たした棚町さんに皆さんが続いていただけることを願ってやみません。
棚町さん、年末で連日連夜の飲み会に忙しい中、ご執筆ありがとうございました。
*************************************
今回のエントリー種目は海4で練習していた4個メと、欲張ってか1バタも申し込んでしまった。そして、なんと我が師匠の熱血先生も同じ種目だった。「4個メの後の1バタはキツイよ〜!」覚悟しときなと言わんばかりの熱尻先生、いや浅見コーチのアドバイスが「4個メのバタは最初なので勢いで飛ばし過ぎず、落し過ぎずに泳ぐ」…ウ〜ンちょうど良いスピードってことかな?。1バタは「25×4本と思い25m毎レースと考えて、50mで気持ちをリセットしろ!50-75mが一番キツイとこなので耐えろ!」だった。何となく解るが、体力が付いて行くかが心配だ。

大会前日に盛岡入りし、時間もあったので石割桜、啄木・賢治青春館(旧第九十銀行)など市内観光をした。みちのく小京都とも称される盛岡は、歴史文化の名所が隣接しておりウォーキングしながら回れた。
夜はY氏とMさんに合流し前夜祭と称し居酒屋で景気付け。大会当日はYさんとM氏を迎えに盛岡駅に向かうが時間があるので、宮沢賢治ゆかりのカフェ「光原社の可否館」で、紅葉した庭木からの木漏れ日を浴びながらレースの緊張感も癒され、ゆったりした気持ちになっていた。熱血先生は朝バイキングで、お腹いっぱいのはずなのにくるみクッキーを注文しペロリ、さすが大会記録更新を狙うアスリートの食欲は凄い。

さて、レースでは春の深谷で力んで泳いでいたので、今回はできるだけ脱力して泳ぐことにした。アップをサクちゃんメニューで入念に行い調子が良いのを確認してスタートへ、ブロックに乗るまでは緊張していたが、乗ったとたんまな板の鯉のようにリラックスしていた。浅見コーチの教え通り、バタは飛込みから浮上まで7回のキックを入れうまく浮上できたが、ターンする毎に息が持たなくなり早めに浮上するが、泳ぎはリラックスしていたので飛ばし過ぎずに楽に背泳ぎへ移れた。苦手種目の背泳ぎで休む予定だったが、バタが楽だったからか少し力んだ泳ぎになってしまった。背泳ぎのターンはロールオーバーターンで、75mではロールするのが早すぎて壁までが遠く感じ2秒のロス、背泳ぎから平泳ぎへのターンはバケットターンをするつもりでいたが、完成度が低いためここは確実にネバーターンで平泳ぎへ、プルはあまり使わすにクロールのために温存させキック8割で泳ぐ。正面のプールサイドからはMさんの声援を受け最後のクロールは全力でダッシュだ。と、気持ちだけはダッシュしているが身体が付いていかない。
次の100バタは4個メの後でもあり、溜まった乳酸を抜くためにダウンを長めに取る。身体の動きも軽くなり、なんだか楽に行けそうな気分になる。スタート後50mで熱血コーチのアドバイスを思い出し、気持ちはリセットするが体力はリセットできない。65mに差掛かったところで、ガクンと油が切れたように身体の動きが悪くなり呼吸も苦しい。75m折り返してからはタイミングもおかしく、もがいているような泳ぎでゴール。

短水路の4個メの場合はターンが15回もあるので、ターンから浮上するまでがタイムに大きく影響する。普段の練習でも意識してやり慣れておく必要があると感じた。また、ベースを上げるプリント系の練習不足も感じた。またまた課題が増えてしまった。

翌日は世界遺産の平泉を観光して、中尊寺での椀子そばで締めた、スイム・観光・食の3拍子で充実したイーハトーブ盛岡大会遠征の旅でした。引率して頂いた浅見コーチ、ありがとうございました。****************************************
イーハトーブマスターズでは皆さんたいへん好成績をおさめ、メダル&大会新ラッシュでした!
 棚町和弘 400m個人メドレー 6分53秒86(3位)
      100mバタフライ 1分29秒02(2位)
 山本 毅 50m自由形 33秒25(5位)
      1500m自由形 25分03秒97 (3位)
 向 忠志 1500m自由形 24分54秒46 (10位)

 湯澤 淑江 800m自由形 16分29秒79 [strong]大会新記録[/strong] (1位)
 山野 孝子 100m平泳ぎ 1分43秒05 (1位)
 村田 真琴 400m個人メドレー 6分04秒83(1位)
       100mバタフライ 1分11秒53 [strong]大会新記録[/strong] (1位)

棚町氏の許可を得て、400m個人メドレーの動画をアップしました。
レポートにあるような棚町さんの深層心理を動画からぜひ読み取ってみてください。
 →[url=http://www.youtube.com/watch?v=WAuI0CPJL0c]棚町さんの400IM(2012年の全国ランキング6位入賞の泳ぎです!)[/url]
そして、来年、一人でも多くの4個メ挑戦者が出ることを願って、今年最後の熱尻先生の4個メの動画もアップしました。正直言って、本当に泳ぐ時間がなく、4泳法とも全くいいところのないレースですが、どんなにボロボロでみっともなくても、みんなについてきてほしいと思って4個メを泳ぎ続けています。背泳ぎが本当にイケていないところも含めて、ありのまま、笑ってください!
 →[url=http://www.youtube.com/watch?v=nPGpo_aML6M]真琴の悪あがき400IM[/url]
 みんな来年は一緒に4個メを泳ごうねっ!

翌週12/1は千葉国際でスプリントマスターズでした。
会場ではロングの大会の常連の私たちに係の方が「オーシャンナビさんスプリントの泳ぎ方知らないから溺れちゃうんじゃない」なんて冗談を言われ、あははは〜と交わしたものの、それはある意味本当で・・・。
まあスプリントは私たちの専門外でお遊びだからいいんだけど、全く精彩を欠く私たち。
強いて言えば、マスターズレース参加数チームナンバーワンの笠原さんとハイパー合宿の余韻を残して参加した山田くんだけは絶好調で、あとの人たちはあまりにも自分たちが短い距離を泳げないことにショックというより笑えました。長い距離泳げるんだから25や50なんとかなるだろうという考えが通用しないことは参加者の心に闘志の火をつけ、この冬のちょっとした楽しい課題を皆に与えてくれました。

長い距離だけじゃなくて短距離も4泳法も泳げることで泳ぐことの楽しみ方はぐっと広がります。
以前マスターズチームの募集用件に「海とプールのデュアルスイマーになりましょう」と書いたところ、
棚町さんに「デュアルスイマーじゃなくてマルチスイマーでしょ」と突っ込まれたことがあります。
そうそう、その通り!
いつでもどこでも何でも泳げる!これがスイマーとしての最上級だと思います。
マスターズは一見海とはかけ離れた世界に見えるかもしれませんが、こうしていろんなところに皆さんと
出かけていくことでいろんな発見があって、海で泳ぐことをまたとても愛おしく思えるようになります。
大切なことは食事と同じでバランス良くが一番!
海に向かう特急列車をたまには降りて、各駅停車で海とは違うものを見たり聞いたりしながら
進んでいくことも長く水泳を楽しむ秘訣だと思います。

そんなわけで、来年のマスターズは、泳ぐだけでない楽しさもたくさん追及していきたいと思っています。
まずはレース+観光、レース+グルメで付加価値をつけていきます。
おいしいもの食べられると思えばみんなで頑張れるよね!
そんなわけで、ストイックになりすぎず、ゆるーい気持ちで来年も頑張りましょう!

マスターズチームの1年間を支えてくださった皆様に感謝です。ありがとうございました。
(マスターズ担当:浅見 真琴)

追伸:2014年度のマスターズ競技者登録の更新、及び新規の方、移籍希望の方の募集は
   2014年1月1日を目処にWEBでお知らせできる予定です(あくまで予定です)
   例年に比べお知らせが遅くなり申し訳ありませんが、今しばらくお待ち下さい。
   (2013年の登録者の方へはメールをお送りします)
   1〜2月頃に行われるマスターズレースに参加希望の方は先んじて更新手続きを
   行いますのでお申し出下さい。宜しくお願いいたします。

>
>
>