ターン、上手になったね!

ターン、上手になったね!

2013年11月09日

朝練に向かう時間帯の空がだいぶ暗い季節になりましたね。
でもまだみんなが寝ている暗いうちから何かを始めているっていう優越感が嬉しい季節だと、うちのオットは申します(言う事がちっちゃいな〜)。と言うからには冬はちゃんと泳げよ、と、思うツマ。

オーシャンナビマスターズ年間最大のイベント、長距離大会が先週終わりました。レポートは若者たちに書いてもらっているので今しばらく楽しみにお待ち下さい。
私にとっても大仕事を終え、月曜の朝起き上がろうとしたところ・・・。
腰から背中に激痛。起き上がれない!
病院に行く羽目に→「じんわり来たぎっくり腰みたいなもんですね」
やはり1500FRと4個メの2連戦は年齢的にもう無理なのか?!ショッキングな出来事でした。長距離大会でも競泳ナショナルチームのスポーツドクターによる無料のコンディショニングがあったのですが、さすが水泳専門のトレーナーだけあって、私の呼吸動作のくせによる骨盤や肩のゆがみをピタリと当ててくれました。どうやら積年の癖は知らず知らずのうちに体にものすごいストレスを与えているようです。今回の大会も残念ながら肩が上がらないとのことでお髭のトライアスリートの方が棄権されたり(その後お加減いかがでしょう?)、世界のユザワも肩から首にかけての故障に苦しみながらの参加でしたが(でもさすがの金メダル!)、皆さんも夏のお疲れが出てくる頃だと思うので、冬場の本格的な泳ぎこみを前に少しでも違和感のあるところは専門家に診てもらったり、休養をとることも忘れないでくださいね。

自分が腰痛に苦しんだ一週間だから言う訳ではありませんが、今日のドリルで気になったことがありました。
今朝は動かしていない方の手をお腹(または股間)にしての片手ストロークをやりました。
「手(前腕)でグッとお腹を持ち上げるような感じで」(櫻井談)泳いでほしかったのですが、そもそも動かしていない方の手のヒジが体の後方へピョコンと出ている人がとっても多いのが気になりました。ってことはそういう人が持ち上げているのは腰骨ってことになりますよね?その姿勢って鳩胸のアヒルちゃんみたいな感じで肩の前(鎖骨のところね)が必要以上に開き、首が前に出て、その姿勢でスイムを泳ごうとすれば、肩の可動域にも首にも背中にも無理がかかります。そして、間違った姿勢の人の多くが「体重移動も雑!」
積年の癖が私のように身体にダメージを与える前に、気をつけてみてください。

そんなわけで今朝はよたよたと大人しくプールサイドからメインを眺めていましたが、
一つうれしいことに気付きました。
[strong][color=#F66]途中で立っている人、いなくなりましたね♪
ターン、上手になりましたね♪[/color][/strong]
手前味噌かもしれませんが、これはマスターズメンバーの功績も大きいと思っています。
今回、長距離大会に向けてはかなりしつこく参加するメンバーにターンの重要性を説いて参りました
(そして眼を光らせて見張りました)。
なにせ、参加する人数がレッツのメンバーにざっと40人以上はいる大会でしたから、一同でちょっと気を引き締めて練習し始めると、周りの人も途中で立つわけにいかないっていう雰囲気にもなり、ターンもちゃんとしたタッチーターンが当たり前、人によってはクイックターンなんぞマスターしちゃったり、うんうん、良くなった。頑張ったね。
ターンの練習は慣れるまで後ろの人に迷惑かけちゃうのが気になったりしますが、そういう迷惑はいつだってウエルカムです。みんな通る道だから!これからまた冬場にかけて、いっぱい泳ぐシーズンはターンの練習のしがいもあります。これからもみんなで上手になりましょうね!

明日のレッツスイム新代田は櫻井先生と東先生です。
品川は私もいつか出たいと思っている品川トライアスロン!
最後に櫻井先生より。「明日はあと5分早めに来てください」
新しくなったプールシート、かる〜いのでぜひ一度お試しあれ!

只今新年1月18日(土)の[url=http://www.ocean-navi.com/info/topics/131104183439.html]インドアサーキットスイム[/url]の参加者を募集しています。
〆切は11月20日(水)。お申込はお早めに!     (真琴)

>