言い訳しない

言い訳しない

2013年10月14日

昨日は深谷でマスターズのレースを引率してきた真琴です。
みなさん短水路での1500に挑戦しかなりの高記録!
打ち上げも帰り途中のメンバーの地元・小江戸川越で
蔵を改装した素敵なレストランで乾杯!
そんな私に「明日は初級担当なので飲みすぎないで、
よろしく頼むよ」という主旨のお疲れ様メールをくれた
櫻井先生ですが、今朝ほどは心地良い秋の兆しについつい
熟睡してしまったようで、少しオープンが遅くなってしまいました。

以下、櫻井先生からのお詫びコメントです。

今日は新代田のオープンが遅れてしまいました。レッツスイム新代田にご参加いただいたみなさまには、朝の貴重な時間を無駄にさせてしまい、大変申し訳ございませんでした。

昨日はお酒も飲んでないし、夜更かしをしたわけでもないのに、なぜか今朝はいつもの時間に起きられませんでした。気が緩んでいたのかもしれません。
今後はこのようなことが起こらないよう、気を引き締めてまいります。
本当に申し訳ございませんでした。

ということで、他人事ではなく、明日は我が身。
私も気をつけなくちゃと思いました。
毎度のことながら、このようなことがあったときに、今朝ほどなどは温かくアーチを作って櫻井先生を迎えてくださったメンバーに感謝します。
いつもありがとうございます。

このお詫びコメントを読んで、改めて思ったことがあります。
さくちゃんの言葉には言い訳は一切ありません。
実はこれ、ちょうど昨晩マスターズのメンバーにも「櫻井先生を見習いましょう」とお伝えした点でもあるのですが、レースなどで順位やタイムが納得いかなかったりするとすぐに「練習全然してなくて」とか「仕事が忙しくて」とか「肩(だの、どこか)が痛くって」などと言い訳しちゃうのが世の常ですが(私はかなり言い訳魔です)、櫻井先生からは勝っても負けても、タイムが少々悪くても、言い訳は聞いたことないな、と。言い訳しないことが強さの秘密ですよー、と、皆さんに言いました。そんな矢先の今朝の出来事でしたが、もちろん寝坊は良いことではないけど、言い訳しないこと、これが常に前に前に進む力であることは間違いないと思います。

そしてまたふと考える・・・。2年前は長距離大会が終わった後の飲み会をマスターズメンバーの皆さんは「反省会」と呼んでいた。でも今年は「反省会」と言った人は一人もいませんでした。たかが言葉尻の問題かもしれないけど、各自の中で目標設定がきちんとできていて、それに対して着実にそれぞれのペースで頑張れた、もちろん次への課題は皆レースで見つけたかもしれないけどそれに対して前向きな心の現われだな、と成長した選手一同を少し誇らしく感じました。
マスターズ大会のレポートはまた改めてメンバーにお願いしていますが、昨日はプールがひょっとして24mだったんではないかと思うほど皆素晴らしい記録でした。

さて最後に。
最近「パドルスイム」(文字通りパドルだけつけて泳ぐ、プルブイは無し)がメニューに良く入っているような気がしますが、何の為?と良く聞かれるので、たくさんある効能のうちいくつかを挙げておきます。
ひとつは、スイム(パドルなし)よりスピードを上げて泳ぐことができるので、速いスピードに身体を慣らすことが出来る、ということ。
もうひとつは、バランスの良い泳ぎを作ることが出来る、ということ。
特に上半身や体幹の使い方が分かってきます。
このパドルスイムで大切なことは、入水〜キャッチにかけて力みすぎないこと。そして、キックはガンガン打たなくてもよいけど、程よくスピードに同調する程度に足を使えているかどうか。
パドルに泳がされていないか?確認しながら、スピードはあがっても丁寧に泳ぎましょう。
私はプルはかなり大嫌いだけど、パドルスイムは大好きです。

[strong][color=#F03]明日15日(火)は祝日の振替でレッツスイム新代田はお休みになります。[/color][/strong]
品川は通常通りやっていますのでぜひご利用下さい。平田先生が担当です。
16日(水)のレッツスイム新代田は守谷先生と櫻井先生が担当です。
今週も早起き頑張りましょう!!!   (真琴)

>