満腹スイムのススメ

満腹スイムのススメ

2013年07月23日

今夜は湘南OWS10km攻略決起会ですね。
昨年の男子30代の部の覇者・櫻井先生が気合の入ったトークを準備しているみたいです。期待しててくださいね。
熱血先生は今夜はお口にチャックで事務局をつとめさせていただきます。
が、その代わり、10km の部出場の皆様に一つだけ普段の練習で心がけるべきことを書いておきますね。
皆さんは普段レッツに来る前に何か食べてから来ますか?少し食べてくる人、全然食べてこない人、ガッツリ食べてくる人、色々だと思います。
さてここからは、科学的根拠はさておき、の話になりますが、トレーニングの前に食べるか?食べないか?・・・私としては食べたほうがいいと思います。
10キロを泳ぐ前には、「それなりに」食べていないと泳げません。
「それなりに」の解釈は人それぞれだと思いますが、3時間持つようにするためにはスタート時に「やや満腹」以上になっていることは間違いありません。
そしてまた、水中では水圧で内臓は圧迫されていますから、陸上での満腹度にプラスがあることも忘れてはなりません。
そんなこんなで、できればあと1ヶ月「ちょっと満腹」くらいで新代田に到着してみてください。満腹スイムに慣れないうちは身体も重いかもしれませんが、すぐに慣れますよ(笑)
そしてこの満腹スイムの効能?でもありデメリットでもあるところは「慣れれば練習後すぐにまたおなかいっぱい食べられるようになる」ことです。
ま、ざっと見たところレースまでに減量が必要な人はいない模様?なので、あと1ヶ月だったら思いのまま食べて、心も体も楽しく大きくしておいてもいいのかな、と、思います。
(くれぐれも、成人病予防の観点から、目標のレースが終わったら思いのままに食べ続ける生活はちょっと見直してくださいね)
満腹スイムは先々皆さんが単独で海峡横断などをする際には水中で泳ぎながらの補給が必要になるので、その時にも役立ちますよ。
あと、10キロのレースの当日には何をどういうふうに食べたらいいですか?という質問も多いのですが、この答えはまた今晩の決起会でのお楽しみということで・・・。

さて今朝の櫻井メニューは以外とあっさりしてた?ように見えましたが、皆さん満腹になりましたかね???
今日の椅子スカーリングは、フロントスカーリング部分に焦点を当てたものでしたが、さくちゃんの真意は皆さん分かってくださいましたか?
一番水が手のひらに引っかかるべきであったところは両手の親指をくっつくくらいにして(手のひらを上にして)前(高さはバストラインくらい)に出して、両手を押し広げた時に、左右とも胸骨から肩幅(チョイ越える)くらいのエリアになります。ここに引っ掛かりのあった人はスイスイと進んでいましたね。このエリアはキャッチアップスイムでとっても大事なゾーン。ミラクルゾーンを探し当てて優雅に泳ぎましょう!

最後に、海4&targetより、月末のいっぱい泳げるweekのお知らせです。
明日24日(水)の「海を泳ぐための4泳法」では、
特別プログラム「クロール以外で50m×30本(1分30秒サークル)」を
[url=http://www.ocean-navi.com/info/event/130718104115.html]明後日25日(木)の「target」では「100m×40本(1分55秒サークル)」を行います。[/url]
いずれも朝のレッツスイムと併せて参加すれば、平日なのにちょっとしたプチ合宿気分!
湘南OWS10キロの前に、1日1万メートル(弱)クラスのトレーニングを経験しておくとぐっと自身がつきますよ!
海4の「クロール以外で」は、泳ぎ方は皆さんの自由。サークルは長いのですが、「長水路で4泳法」は、1・2コースの方でも結構いい練習になります。初級者は全部クロールでもOK。
幅広く皆さんのチャレンジの場となりますように、ご参加お待ちしていますね。
どちらのプログラムもお申し込みは[ml]info@ocean-navi.com[/ml]まで。 (真琴)

>
>