腹時計は当てにならない

腹時計は当てにならない

2013年03月15日

私がいつも愛用しているサンダルkeen。今年のモデルが送られてきました。今年もかっこいい!とっても気に入りました。 キーンのサンダルはデザインも良いし、機能性も抜群!ビーチでもタウン用として履いても目立っていいです。
でも私の場合、本当に重宝するときは海峡横断泳のときかな。揺れる船の上ではしっかりグリップしてくれるし、狭い船の上って出っ張っている部分がけっこうあるんだけど、ちょっとくらいつま先をぶつけたって、足をしっかりカバーしてくれているから大丈夫! 横断泳の船の上ではこのサンダルに助けられていることが本当に多い。私にとってはkeenサマサマです。 ちなみに数年前の話になりますが日本テレビ24時間テレビ『津軽海峡縦断泳』では出演者全員が船の上でこのサンダルを履いて海峡を渡ったんですよ!泳者のみんなとっても気に入ってました。

keenのサンダル、OWS用のアイテムとしておすすめですよ!
[url]http://www.keen-japan.com/men_waterfront.asp[/url]
そしてkeen HYBRIDLIFE のページには私も載せて頂いてます!
[url]http://www.keen-japan.com/hybridlife_17.htm[/url]

どこで販売しているかというと。。。皆さんがよく使っている代々木のインドアプールのすぐそばに日本初の直営店が昨年OPENしました。ぜひ練習の帰りに立ち寄ってみてはいかがでしょうか?
[url]http://www.keen-japan.com/ndiary.asp?sID=1118[/url]

さて、話変わって今朝のレッツスイム新代田は平田先生が数年振りとなるアイアンマンに出場のためメキシコに遠征中のため、担当は守谷と福島先生でした。

皆さん、自分がいつもどのくらいのペースでいつも泳いでいるか?気にしたことはありますか?上級に行けばいくほどペース配分を気にしながら泳いでいることを知ってましたか?
特に1コースあたりでトレーニングをしているメンバーは50mあたりのラップを常に確認しながら泳いでいるんです。もっと言えば頭の中にペースクロックが常に動いていてこのラップで泳ぐとトータルのタイムはどのくらい。って瞬時に想像しながら泳いでいます。 ところが5コースに近づけば近づくほど自分のスタートする秒の確認もせず、とりあえずスタッフの合図でスタート。もちろんスタートした秒がわからなければラップタイムなんて確認する意味がない、トータルタイムもわからない。 ということは単なる感覚だけの腹時計?でいつも泳いでいることになります。 これが全く当てにならないことを今朝は気づいてもらえるようにメニューを組んでみたんです。

50mを4本を3セット。サークルタイムは1分15秒。セット間はなし。1セット目よりも2セット目は5秒早く泳ぐ、3セット目は2セット目よりも5秒早く泳ぐというトレーニング。

1本目スタートする前に説明したのはまずは3セット目にどのくらいのタイムで泳ぐのか?を想像する。あまりピント来ないメンバーもいるかと思ったので例えば『2コースだったら3セット目はきっと38秒くらいでは帰って来れるから2セット目はプラス5秒で43秒くらい、1セット目は48秒くらいと逆算してタイム設定をしましょう!』と説明しました。
この計算だとだいたいですが他のコースは下記のような設定になります。
3コース 3セット目が45秒として、2セット目50秒、1セット目は55秒。
4コース 3セット目が50秒として、2セット目55秒、1セット目は1分
5コース 3セット目が1分として、2セット目1分5秒、1セット目は1分10秒

このタイムの中で着目したいのは1セット目です。いざスタートしてみると1本目から突然3セット目のタイムよりも早く帰ってきてしまうメンバーがたくさんいました。完全に自分のペースがわかっていないパターン。しかも3セット目になってタイムが1本目よりも遅くなっているメンバーも。セットで上げるどころか下がっている。 これ腹時計です。 前半に自分が考えているタイムよりも早く泳いで帰ってきてしまうっていうのはOWSやトライアスロンではとっても危険。レースでこれをやると沖に出たときに息が上がってしまい最悪はライフセーバーに助けを求めるパターンになりますよ! 上手くこの危機を乗り越えても前半に力を使い果たしてしまい周りのスイマーにどんどん抜かれていくかもしれません。 こんないや〜な思いをする前にまずはプールでしっかりとタイムを毎回確認して自分のペースをしっかりと体に覚え込ませましょう! 長距離はペース配分と言い切っても過言ではありません。50mを1分で30本回れば1500mは30分ですよ!4コースあたりの皆さんが目標としているタイムがだいたいこのくらい。だと思いますがきょうのトレーニングを見る限りでは全く難しいタイムではありませんよ! 少しでもスピードを上げて泳ぐことも大切ですがスピードを少し抑えて1本でも50mでも長続きさせることができるように泳いでみてくださいね!  あっ!きょうはちょっと話が長くなってしまったのでこの辺で。。。

明日のレッツスイム3カ所で実施です。
新代田は6:30〜8:30 担当は櫻井先生と真琴先生
品川は7:15〜8:45 担当は杉田先生
二子玉川は7:00〜9:00 担当は私、守谷です。

ぜひ明日もレッツスイムで1本でも多く、50mでも長く泳ぐトレーニングをしましょう!

明日も待ってますよ!

[color=#00C]★[strong]facebookページ!イベントの情報など盛りだくさん![/strong]
[/color]都度いろんなお知らせや情報を発信しています。
[url]http://www.facebook.com/oceannavi[/url]

★『校長先生ブログ』と呼ばれている旧レッツスイムブログ、突然、更新を再開。
守谷の身の回りでおきたことなどマニアックな情報もちらほら。。。
[url]http://happy-swim.cocolog-nifty.com/happy/