マスターズ短水路深谷大会レポート・その2 400m個人メドレーの巻

マスターズ短水路深谷大会レポート・その2 400m個人メドレーの巻

2013年04月15日

[strong]続いて400m個人メドレーに参加された高尾大介さんのレポート[/strong]
レッツメンバーの高尾大介と申します。
普段は新代田のレッツスイムで泳いでいます。

4月7日(日)、深谷市で行われたマスターズ大会にレッツメンバーとコーチ合わせ総勢18名で参加してきました。種目は25m自由形、25mバタフライ、400m個人メドレー、400m自由形。自己ベストを狙うメンバーもいればマスターズ初挑戦のメンバーもいて、目的や目標は人それぞれ。

どの種目も午後からのスケジュールだったので、メンバーの半数は朝レッツで2時間みっちり泳いでから出発!アップにしては泳ぎすぎでは?とも思いますが、皆さんいつもと変わらず泳いでしまうのがオーシャンナビっぽくて良いですね。前日の嵐が嘘のように大会当日は晴れわたり、3台の車に分かれて会場へ。サービスエリアで食事して、道の駅では野菜をいっぱい買って、春の陽気ですっかりビクニック気分。今日がマスターズ大会ということをすっかり忘れた頃に会場到着。この緊張感のなさ(笑)、好きです。

私の参加種目は400m個人メドレー。初めての個メ、しかも400m。
少し話が遡りますが、参加のきっかけは私の勘違いから・・・。
1月のエントリーの際に、『短水路』、『400m』、『マスターズメンバーいっぱい参加!』という情報だけが耳に入り、「みんな4個メにチャレンジするんだ、じゃあ自分もやってみよっかな〜」と思い込み、熱血コーチに参加のメールを送信。そして返ってきたメール、
「ほんとに4個メ?4フリの間違いじゃない?」
えっ?4フリあるの???
コーチが心配するのも無理もありません、なぜなら私は、バッタは25mで精一杯、バックはもっと酷くて腕をいくら回しても進まないカナヅチ状態。
でも、今さら「4フリの間違いでした」と言うのもなんだかカッコ悪いなと思い、
「はい、4個メで間違いないです!」
と返事をしてしまったのです。バッタもバックも泳げないのに・・・。

無謀な挑戦かなとも思いましたが、エントリーしたからには、泳ぎきりたいし、できれば綺麗に泳ぎたい。練習の取り組み方も変わってきました。レッツの練習によくある「クロール以外で〜」のメニューでは、下手くそなりにバックとバッタを取り入れるように(それまではブレしかしてなかった)。仕事が早く終わったときは海4へ参加し、疲れないリラックスした泳ぎ方を教えてもらいました。レッツには経験豊富なメンバーも多いので、たくさんのアドバイスとエールも頂きましたよ。

自分なりに約3ヶ月頑張ってみて、いよいよ本番。前に泳いだメンバーの方々の頑張りに励まされながら、いよいよ自分の出番が近づいてきます。召集エリアに向かうあたりから、緊張で心臓がバクバクしてきましたが、「これは練習、レッツの2部練なんだ」と自分に言い聞かせ、なるべく周りの選手を見ないようにしてスタート台へ。
水面だけを見て合図を待ちます。

よーい・・・ポーン。

飛び込みも初めてでした。予想通り顔と腹を水面に叩きつけましたが、ゴーグルはずれてない!ほっとしなから、バッタをスタート。とにかく「焦らない」、「隣のコースは見ない」、「ペースを上げない」を心がけました。バッタの後に300mも残っている事を考えて、バッタ最後の25mはペースを上げないように注意。なんとか終了してバックへ。
あと300m!
私にとって一番の鬼門はこのバック。3ヶ月前まではほとんど進まなかったバック。
あの頃に比べたら進むようになったけど、まっすぐ進めないバック。くねくねと蛇行しながら、熱血コーチから「まっすぐ泳げ〜!!!」と怒鳴られながら(笑)、なんとか泳ぎきりブレへ。
あと200m!
ブレはしっかりとキックを打つことを意識。ここまでくると、体に疲れか溜まってきて、呼吸も苦しくなってきました。こんなにキツい平泳ぎは今まで体験したことないなと思いながらフリーへ。
あと100m!
クロールはいつものダッシュ練習を思い出しながら全力で。ラスト50mは本当にキツく、呼吸も毎回になり、もう駄目だと思いながら腕を必死で回しました。練習を意識しすぎたのか、しっかり(無駄に?)反時計回りにまわっていたらしいのですが、なんとかゴール!
凄くキツくてハアハアいってるのですが、じわじわと沸き上がってくる達成感。最高な気分でした!

タイムは年齢区分4人中、4位とビリでしたが、順位などはどうでもよく、ただただ泳ぎ切ったことに感動です。でも「もう少し早く泳げたらな〜」とか「もう少し綺麗に泳ぎたいな〜」とか少し欲も出てきましたよ。またチャレンジしたいですね。

4泳法を泳ぐようになって変わったこと。
「クロール以外で〜」のレッツの練習でバックやバッタができるようになったこと。
また、レッツの練習に波を意識したロープくぐりや障害物をかわすトレーニングがありますが、以前よりもスムーズに回避ができるようになってきたのを感じてます。以前はクロールの泳ぎだけで無理やり対処しようとしていたので、無理のある動きをしていたのですが、動きのバリエーションが増えたような気が。水曜日夜のレッスン「海を泳ぐ為の4泳法」の『海を泳ぐ為の〜』の部分の意味が少し分かったような気がします。まだ海で実践していないので、どれぐらい通用するかわかりませんが、今シーズンの海のレースでは去年よりも上達した泳ぎができたらと思っています。

海のレースも大好きですが、マスターズにはまた一味違った達成感があります。今年も色々なところで大会があるので、是非みなさん一緒に参加しましょう!

つたない文章、長文で失礼しました。
そして読んで頂きありがとうございました。

レッツスイムでも評判になっている高尾さんの4個メは本人の了解を得た上で動画でご紹介します。
25mしか泳げなかったバタフライ、全く泳げなかった背泳ぎが4個メという形になりました。涙なくして見られない感動巨編!私の声援?怒号?もお楽しみ下さい(笑)
→[url]http://www.youtube.com/watch?v=cYMtv8u8f2Y[/url]
さらに5コースの2人(島晃さん・中村皐月さん)の25m自由形も、チームオバサンナビの生応援ボイス入りでそのまま動画公開します!
→島さん[url]http://www.youtube.com/watch?v=W5YpXH2HPYo[/url]
→中村さん[url]http://www.youtube.com/watch?v=ElvtLE62BHs[/url]
この調子で、今年は海のレースも頑張りましょうね!

(その3に続く)