いつでも進んでいるのだ!

いつでも進んでいるのだ!

2013年03月16日

3週間ぶりに新代田の担当だった真琴です。
ゴメンナサイ、久しぶりであたふたしていて今日はレッスンの写真なしです・・・。
でも実は今朝、とっても皆さんにお見せしたい光景に出会いました。
車で来た私、帽子を目深にかぶり、大きなサングラスに鼻までマスクで覆った肩幅の広い怪しい人影と
すれ違いました。まったく顔は肌色が見えていないのですが、あれはさくちゃんに違いない・・・。
あれが今日一番のシャッターチャンスだったかも。
皆さんは花粉症のお加減はいかがですか?
プールは花粉症の聖地ですから、ランやバイクのトレーニングが辛い季節こそプールに足をお運び下さいね。

さて、先日3/12付けのブログでその怪しい櫻井先生が「20センチ先の水をとらえる」と書いていましたが、
それに乗っかって、今週の海4も今日の初級も同じテーマで練習してみました。
(今朝は片手スカーリングをやりました!)
「20センチ前の水をとらえる」って、ふむふむなるほど、そうだよね、と私も思うのですが、
ひとつ忘れてほしくないことがあり、今日も真琴的に追記します。
みなさん!「泳いでいる限り、人間は常に進んでいる」ということを忘れないで下さい!!!
具体的に20センチとか数字が出てくるとそれに執心しすぎて、手を遠くに入水しなきゃとか
入水してからグーンと伸びなきゃ、とか考えるあまり、今自分がいる場所を基本に考えて
あがくだけになってしまうことがあります。そんなことを意識している間もどんなに初級者であっても
身体は前に進んでいます。20センチ前の水を捉えようとしている間にも身体は前に滑っているわけだから、
実際に捉える水は20センチよりもっと先の地点にあります。
抽象的な話で申し訳ないのですが、この事実を忘れているなと見受けることが初級では圧倒的に多いので、
熱く語ってみました。決してさくちゃんの揚げ足を取っているわけじゃなくて、
日本語ってとっても難しいですよね。

「泳いでいる限り、人間は常に進んでいる」、このことは呼吸動作中にも言えます。
特に呼吸の練習中の5コースの皆さん、ぜひ1コースの泳ぎを休憩中などにじっくり見る機会を持ってください。
1コースのメンバーは呼吸中に減速しません。呼吸が決して超すばやいというわけでもなく、
割とのんびりしているけど、その間もかなりの距離を進んでいると思います。
1→5コースへ順に見比べていくと呼吸の精度の差が分かってくると思いますが、「呼吸はココでするもの」
然と「点」でとらえず「線」でとらえるイメトレだけでもずいぶん楽になると思いますよ。

久しぶりなのでつい長くなりました。
13日の海4では大興奮してじゃべり過ぎて鈴木奈々みたいな身振り手振りになって
挙句の果てに声が出なくなってしまったくらいなので、もう少し落ち着いて頑張ろうと思います。
しかも明日はFIAマスターズという大会です。
今日もメンバー数名が平塚まで行って頑張っているはず。結果はいかがでしたでしょうか?
明日は8名で参加!メドレーリレーも2組組みました。
しかも、何の罰ゲームでもないのですが、みんなでできるだけ不得意種目を泳ごうというルールでのリレーです。
私もこの世で一番嫌いな背泳ぎを頑張るので皆さんも辛いメニューでも負けじと頑張って練習して下さいね。

明日3月17日(日)のレッツスイムの担当は、新代田が守谷先生と丸山先生、
品川が櫻井先生です。明日もお待ちしております。
17:00〜は新代田での[url=http://www.ocean-navi.com/info/event/130307122124.html]100m×50本[/url]があります!担当は守谷先生です。
だから明日は打ち上げもあるのかな???
100m×50本のお申し込みは[ml]info@ocean-navi.com[/ml]まで!

本日3月16日(土)のレッツスイム新代田のトータル距離は
1コース:4700m 2コース:4450m 3コース:4250m
4コース:4000m 5コース:2900m でした!