バランスボールに乗ってみよう

バランスボールに乗ってみよう

2013年02月23日

真琴です。
このブログをバランスボールに乗ったり降りたりしながら書いてます。(ちなみにマイバランスボールは65cmのものです)
一時期流行したバランスボール、おうちにもありますよね?
あるけど眠ってる、とか、もう子供の遊び道具だよっていう
お宅も少なくないと思います。
最近私はこのバランスボールで体幹や肩甲骨の動かし方、手足
の脱力、プッシュの位置などを説明することが多くなりました。
プールサイドにはバランスボールがないので飛び込み台に
腹ばいになっている私の姿、よく見るでしょ?
ちなみに女子更衣室では椅子を使って裸一貫?指導してます(笑)
皆さんも、もしおうちに眠っているバランスボールがあったら
腹ばいに乗ってみてください。
そのまま手足をエビ反りにすると・・・ボールはつぶれ、変形し、
足のほうが重いので足が下がり、ボールが前にボヨーんって出てきます。
では逆に手足をだら〜んと下げ、首も楽にして身体をバランスボールにゆだねると、
ボールは形を保っていつまでも乗っていられると思います。
ここが私の最近の説明の原点。バランスボールを水のかたまりに置き換えてみましょう。
水を押しつぶしながら進むのか、水に軽〜く乗るのか、どちらがいいかは歴然としているでしょう。
手足をエビ反りにしないまでも、ヒジやヒザを100%伸ばしきるとそれだけで腹は出てきます。
よく、守谷先生が「前に伸びる意識を持って」櫻井先生が「手を前に伸ばした姿勢で待てる人が上手な人です」
などと言うことがあるかもしれませんが、これらは全て同じことを目的にしたアドバイスで、
真琴的に一言足すのであれば、ヒジだのヒザだの肩だのは可動域の90%ぐらいで前に「置いて」おくだけでも、
力のベクトルが合ってくれば、スーッと、っていうか、ツーっと、進んでしまうのですよ!
そうそう、体がカーリングのストーンみたいな感じで勝手に滑るようになったらしめたものです。

そんな訳で、今日の初級ではバランスボールの代わりにプルブイをみぞおちからおへそまでのあたりに
置いて泳いでもらいました。ビート板では守谷先生がよくやっている練習ですが、
プルブイは大きさも違うし不安定な形をしているのでまた違う集中力が必要だったと思います。
今日はびゅんびゅんプルブイが飛んでいましたがこれぞ腹圧のトレーニング!
(腹圧自体はもっと下、おへその下にタテに手を置いたあたりですけどね、
プルブイはみぞおちの下あたりでいいんです)
海4では定番のトレーニングなので海4皆勤賞の方は上手でした。
これがクロールにも役立つよう頑張りましょう!

本日2月23日(土)レッツスイム新代田のトータル距離は、
1コース:4000m 2コース:3900m 3コース:3800m 
4コース:3500m 5コース:2800mでした。全体的にちょっと少なめでしたね?
明日の新代田は上級が守谷先生・初級が櫻井先生です。
きっと今日の分を挽回できるくらいいっぱい泳がせていただけることでしょう。
楽しみですね。

品川は平田先生。そして明日は東京マラソンですね!
[strong][color=#F00][big]明日東京マラソンに参加される方、がんばってくださ〜い!!![/big][/color][/strong]