湯澤淑江さんがマスターズワールドトップ10に入賞されました

湯澤淑江さんがマスターズワールドトップ10に入賞されました

2012年12月21日

年末に嬉しいニュースをお届けします。
皆さんはオリンピックなどで競泳競技をご覧になったことは
もちろんあると思うのですが、その際に「この選手は
世界ランキング○位です」などとアナウンサーが言っているのを
聞いたことがありますよね?この世界ランキングは
世界水泳連盟(FINA)が集計をしています。
そのカテゴリーは競泳部門とマスターズ部門があるのですが、
その2011年度のマスターズ部門にレッツメンバーの
湯澤淑江さんが3種目で入賞を果たしました。
2010年度に続き、入賞の快挙です。
「え、今さら2011年の話?」と思うかもしれませんが、
マスターズの年度は毎年1月1日〜12月31日となっており、
2012年度の集計はまだこれから。
湯澤さん入賞のニュースはだいぶ前に分かっていたのですが、
それを証明するワールドトップ10ワッペンがなかなか
ローザンヌのFINA本部から届かず、、、
このタイミングでの発表となりました。

湯澤さん入賞おめでとうございます!
入賞された3種目のワールドランキングは以下の通り。
是非クリックして見てみてください!
[strong][color=#306]YUZAWA  Yoshie  JPN[/color][/strong] って見つけた時の
この[strong][color=#F00]JPN[/color][/strong]ってのがカッコイイ!
日本のユザワ、世界のユザワ、来年も頑張ってくださいね!
皆さんも世界に羽ばたくオーシャンナビの代表として、
海で、プールで、湯澤さんに負けないように頑張りましょう!

◆400m個人メドレー(短水路:25mプール)
◆400m個人メドレー(長水路:50mプール)
◆200m個人メドレー(長水路:50mプール)
[url]http://www.fina.org/H2O/index.php?option=com_wrapper&view=wrapper&Itemid=636[/url]
StyleにIndividual、PoolにLC(長水路)またはSC(短水路)、As of yearに2011、GenderにWomen、Age cat.に75-79、Distanceに200または400、StrokeにIndividual Medleyと入れてみてください!
◆または、オーシャンナビマスターズチーム全員の
 2011年の日本ランキング報告pdfでも
 ページ末尾でご紹介しています
[url]http://www.ocean-navi.com/masters/ranking.pdf[/url]

さて、気になる2012年の湯澤さんの記録ですが、今年は
あまり個人メドレーのレースの機会が少なかったのですが、
数年ぶりに短水路・長水路とも公式レースで
1500m自由形に挑戦しました。そのタイムを2011年の
トップ10ランキングに仮に当てはめてみると・・・なかなか面白い結果が。
2012年のランキングも期待していてください!

入賞に当たり、ご本人の弁。
「3年後、80歳区分になったときのために、まだまだ頑張る」そうです。
私が湯澤さんに密かに期待していること、
それは「80歳で200mバタフライ完泳、ワールドトップ10入り」です。
200mバタフライは競泳の世界で1500m自由形よりもキツイともいわれる種目。
(ゆえにOWSの選手もこの種目出身者が多いのも事実。トレーニング方法に共通点があるんです)
オリンピックでは松田選手がフェルプスと競ったあの種目ですね。余談ですが熱血先生の専門種目も実は2バタです。その苦しさは、私自身が身を持って知るところなのですが、湯澤さんならやってくれると信じています。ちなみに90歳以上区分の200mバタフライのマスターズ世界記録は現在存在しません。そのくらいキツイ種目です。できたら13年後に湯澤さんにてっぺんを目指して欲しいけど、あんまりハッパかけると、頑張りすぎちゃうからね、期待はほどほどにしておきます。

さて、2013年はそんなユザワさんに続くレッツスイム・アラ還の星にぜひチャレンジしてほしい「ワールド・ゴールド・マスターズin KYOTO」(50歳以上を対象とした世界大会。親善試合なので初心者から参加OK)が10月に行われます。ぜひ、マスターズにも3ババならぬ4ババ(マスターズのリレーは4人一組なんです)で挑戦しませんか。もちろんババのみならず、ジジの参加も大歓迎です。

ということで、2013年も何でも良いので何か一つ目標を持って泳ぎましょう!!!

なお、ワールドトップ10ワッペンは湯澤さんがいつでも見せてくださいます。湯澤さんがブルーセブンティの
シャージを着ている時、左胸に光るワッペンに注目してみてください。    (真琴)

>
>