板立てキック

板立てキック

2012年11月17日

こんにちは、さくです。

先日、9月の発売号で休刊になった『月刊SWIM』の「休刊を惜しむ読者の会」が開かれ、参加してきました。
誌上によく登場していた指導者やライター、そして『SWIM』を愛してやまない読者達が、将来の復刊を祈って一同に集まりました。その数70名ほど。これは雑誌側の企画ではなくて、読者が企画したものでした。

いろんな人が『SWIM』に対する想いを述べたり、ハギトモさんプレゼンツの抽選会があったり。そして、さすがスイマー達、最後は歌って踊って盛り上がりました。
まあそう簡単にはいかないでしょうけど、みんなのこれだけのパワーがあれば、復刊もそう遠い将来ではないような気がしました。

ご存知の人も多いかと思いますが、わたくし、この『SWIM』に「自主練!スピードアップドリル」というコーナーの連載を持たせてもらっていました。
休刊になってしまったために、誌面ではしっかりと紹介しきれなかったドリルがいくつかあるのですが、今日のレッツスイム新代田ではそのうちの1つ「板立てキック」をやってみました。

やり方は簡単。いつも板キックで使っているビート板を立てて持ってキックします。ビート板を立てて持つことでキックに負荷をかけて、脚力を強化するためのドリルです。
「ビート板をどれだけ沈めるか」「キックのうち幅を変えてみる」などによって負荷のかかり具合が変わってくるのですが、今日のところは細かいことはあまり気にせずにキックしてもらいました。単純に板を立てるだけでも十分に効果はありますからね。
このドリル、また近いうちにやりましょう。次回からはいろいろと注文を増やしていきたいと思います。

このドリルの動画が、『SWIM』のweb版である『SWIMnet』のブログで紹介されています。[url]http://swimnet.jp/special/blog/index.php?_num=168[/url]

今日の新代田のtotal距離は、
1コース:4700m
2コース:4350m
3コース:4150m
4コース:4000m
5コース:3050m
でした。
シート上げを手伝ってくれた方は1名でした。ありがとうございました。

明日のレッツスイム新代田の担当は、守谷先生と悠先生です。品川では『品川トライアスロン』が開催です。担当は平田先生です。

また、明日は17:00から新代田にて『[url=http://www.ocean-navi.com/info/event/121114104346.html]Let’s 100m×50本 in新代田[/url]』があります。1分30秒〜2分10秒まで10秒刻みで5種類のサークルをご用意。みなさん参加しやすくなってますので、ぜひいらしてください!

 ほなまた。

 

>