二子玉川はトレーニング強度が高い!?

二子玉川はトレーニング強度が高い!?

2012年11月10日

約1ヶ月ぶりに二子玉川の担当だった、さくです。

ご存知の方も多いと思いますが、レッツスイム二子玉川は、2時間の練習で新代田と同じくらいの距離を泳ぎます。レベル分けもほぼ新代田と同じです。
そんな中、二子玉川の参加者からこんな声をいただきました。
「なんか同じ練習でも、新代田より二子玉川のほうが強度が高く感じるんだよね」
「そうなんですね」とこたえて、何の気なく「ふーん、そうなのかな?」と思っていたのですが、よく考えると確かにそうかもしれません。

今のところ二子玉川の参加者は1コースに2〜4人程度。1コースに7〜8人いる新代田よりも、コース内の流れが少ないはずです。なので、新代田では流れに助けられていた部分が、二子玉川では流れのアシストがなくなってしまい、負荷が高くなるのかもしれません。

もう1つ考えられるのが、二子玉川は新代田ほど人数が多くないので、泳いでいる人全員に目が行き届きます。その分、こちらはいろいろとアドバイスができるのですが、そうすると“見られている感”というわけではないのでしょうが「頑張らなきゃ」という気持ちがでてきますよね。それでいつもよりもしっかり頑張れる、というのもあるかもしれません。
いずれにせよ強度が高いというのは、同じ練習量でも、よりしっかり鍛えられるということですから、とてもいいことですね。

今日の二子玉川のtotal距離は、
1コース:4700m
2コース:4350m
3コース:4200m
4コース:3900m
5コース:3550m
でした。

次回のレッツスイム二子玉川は、来週土曜日11月17日です。担当は守谷先生です。

 ほなまた。

 

>