パドルをつけないプルメニュー

パドルをつけないプルメニュー

2012年06月10日

こんにちは、ちょっぴり寝不足のさくです。

昨日の新代田が予想以上の大人数だったんで、今日も同じく多いかと思いメニューはすべて50mと75mだけにしてみました。
すると今日は1コースに5〜6人くらいと、昨日に比べてかなり少なめ。これなら長い距離のメニューでもよかったですね。
途中で、50mのプルのメニューをロングプルへの変更もありだなと思い、みなさんに意見をきいてみると、賛同者が少なくあえなく却下。予定どおりのメニューをこなしました。

この金・土・日曜日の3日間、上級コースはパドルを使いませんでした。
昨日と今日は、プルではパドル無しの設定。そして金曜日にいたっては、プルのメニューすらありませんでした。プルメニューが多いレッツスイムにとっては、これはあまりないことだと思います。

レッツスイムでは、スイムで泳ぐよりもプルメニューのほうが距離が長いなんて日も珍しくありません。そして、そのほとんどすべてのプルのメニューで、みんなパドルを使って泳ぎます。
パドルを使って泳ぐのは様々な効果があって、トレーニングとしては有効な点が多々あります。
でも、みなさんのようにパドルの達人の域に達してしまうと、プルブイで下半身を浮かせてキックを使わずパドルでスイスイ進んでいく。パドルがひとつの「楽をする道具」となってしまっている場合が多いんです。
そうなってしまうと、プルで100mのインターバルなんかをいつものサークルで10本・20本とやっても、何かしら自分で負荷をかけたりポイントを絞って泳がないと、道具の力を借りてただ単にこなすだけの練習になり、あまり効果がなくなってきます。
良くも悪くも、みなさんパドル慣れしているんですね。

そういったこともあって、この3日間はパドルから離れてもらいました。「パドルをつけないと全然進まないなー」と思った人も多いと思います。その反動で、キックを打ってスピードを上げるという動きも結構見られました。でも、まずはそれでもいいと思います。体にはいつもとプル練とは違う刺激が入っていますから。
みなさんが目指している本番は、パドルは使わないですもんね。

今日の新代田のtotal距離は
1コース:5150m
2コース:4800m
3コース:4450m
4コース:4200m
5コース:2800m
でした。

明日は月曜日でレッツスイムはお休みです。明後日火曜日の新代田の担当は、櫻井と福島先生。品川は平田先生が担当です。

それから、今日のレッツスイムでもお話ししたり、櫻井のfacebookなんかでもお伝えしていますが、今朝、貴田裕美選手がロンドンオリンピックのOWS10kmの日本代表に内定しました!
日本時間の昨日深夜に、ポルトガルでオリンピック最終予選がおこなわれ、貴田選手は13位に入賞。見事、日本人初のOWSオリンピック選手に選ばれました。
選考基準をここで書くと長くなるので、またの機会にお話ししますが、国内で1番速くても、世界でトップレベルの成績を残さないと代表には選ばれません。そんな中、貴田選手はギリギリのラインで代表に滑り込みました。日本のOWSの歴史を変えてくれました。7月のロンドンが楽しみですね。

そして今晩深夜12時から、同じくポルトガルで男子の最終予選がおこなわれます。日本からは2名の選手がエントリーしています。webで中継があるとのことなので、お時間ある方はぜひ応援しましょう。明日はレッツスイムは休みですしね(^_-)

中継は以下の3つのサイトであります。
1.[url]http://www.rtp.pt[/url]
2.[url]http://www.tv14.net/sport-tv-pt/[/url]
3.[url]http://www.telesport24.com/tv/35/RTP_1.html[/url]

と言いつつ、じつは昨日はこの3つとも繋がりませんでした…。今日は見れるといいですが。

 ほなまた。

 

>