『SWIM』12月号は必見です!

『SWIM』12月号は必見です!

2011年10月21日

今日のレッツスイム品川は、先日発売された『SWIM』の特集にちなんで、久々に「椅子キック」を取り入れてみました。[url=http://www.ocean-navi.com/swim/onswim.html]target[/url]では頻繁にやっているのですが、レッツスイムでやるのはかなり久しぶりでしたね。
といってもそんなに激しいものではなく、25m×8本を、最初の10mは椅子キック+残りの15mは板キック というもの。

この椅子キック、いつもは使っていない部分が刺激されてかなりキツい上に、はっきり言ってなかなか進みません…。なんとか頑張って椅子キックの10mを泳ぎ切り「さあ板キックだ」と、ホッと一息と思いきや、この先の板キックが結構キツいんです。
普通の板キックのはずが、脚が思うように動いてくれない。たった10mの椅子キックが、ここで効いてくるんですね。

これを8本やったあと、「キツいねー。進まないねー」なんて、みんなでキック談義が始まりました。僕もちょっとしたキックの原理なんかを交えながら雑談していると、気がついたらメインメニューをかなりカットしなければいけない時間に…。結局、メインのスイムを300m減らして泳ぐことになりました。
今日のtotal距離は2800m。

でもこういった雑談の時間って、意外と、すーっと腑に落ちることがあったり、ハッと泳ぎのコツなんかを気付かされたりすることがありますよね。
なので、たとえ予定していたメニューをいくらかカットしたとしても、有効な時間だったりします。レッツスイム品川はそんなに参加者も多くないので、みんなの距離が近く、そういった余談トークに花が咲くことが多いのは、利点の1つですね。

「椅子キック」とはなんぞや?という人は、ぜひ今月号の『SWIM』を購入してご覧ください。
そして12ページを必ずチェックしてくださいね。レッツスイムやtargetでおなじみの[strong]鈴木紀子さん[/strong]と[strong]小林忍さん[/strong]が、長距離でのキックの活かし方について、熱く語ってくれています。必見ですよ! わたくし櫻井も、簡単ではありますがキック改善のアドバイスを述べています。

さて、明日のレッツスイム品川は真琴先生が担当です。明日から[url=http://www.ocean-navi.com/info/event/110909132321.html]トライアスロンキャンプ[/url]のため、明日明後日のレッツスイムのあとのGOTENYAMAトライアスロンクラブは、自主練となります。

また明日は、鎌倉のOSJ湘南クラブハウスにて櫻井担当のオーシャンスイムセミナーがあります。
13:00〜「エンジョイスイム」と題して、参加者のリクエストに応じながら、テクニック練習をしたり、散策スイムしたり…。海を楽しみながら泳ぎます。
先週中止になった葉山散策オーシャンスイムに参加する予定だった人も、ぜひ明日は鎌倉の海で泳ぎましょう。
お申し込みは[url=http://www.powersports.co.jp/clubhouse/program/oceanswim.htm]OSJ湘南クラブハウス[/url]に直接電話してください。詳しいプログラムスケジュールは[url=http://www.powersports.co.jp/clubhouse/schedule/11sep.htm]こちら[/url]をご覧ください。

ほなまた。