菅平アウトドアフィットネスキャンプレポート第2弾

菅平アウトドアフィットネスキャンプレポート第2弾

2011年05月11日

5月7日(土)トレイルランレポート([url=http://www.ocean-navi.com/staff/miyazaki.html]オーシャンナビスタッフ宮崎康子[/url])
参加者4名。

ゾンタックを出発し、まずは平地オフロード菅平湿原をウォーミングアップを兼ねて1周。
そして日の出ゲレンデ、天狗ゲレンデ、太郎とゲレンデランニングでした。
登りはゲレンデ直登、下りは迂回コースを基本としちょっときつい設定。でも、ゲレンデは直登といっても蛇行して良かったのに皆さん忠実に守ってほぼ直線。
広々としたゲレンデを駆け登るのは気持ちよかったです。でも最大斜度30度、これはきつい!この斜度に挑む後姿がとても勇ましくかっこよかったですよ!
思いかけない出会いもありました。日の出ゲレンデの下り迂回コースでなんと!!!体長2mはある青大将に遭遇!
大きかったですよ、色はとても綺麗でした。Sさんがすかさず捕まえ、証拠写真をパシャ!
太郎山の迂回コースでは春の訪れを知らせるフキノトウがたくさん咲いていました。
距離は10kmちょっとでしたが、なかなかハードなコースで足にいい刺激が入りました。

5月8日(日)根子岳トレッキングレポート(参加メンバー藤田様&オーシャンナビスタッフ宮崎康子)

メンバーはガイドの田中さんと宮崎コーチそれに我々の計7名である。
田中さんを除き、皆さんトレイルランスタイル。
午前8時にゾンタックを出発、オーナー運転の小型バスでまずは食料を調達しにコンビニへ、そして入山料200円を払い根子岳登山口まで。
ここで車を降り、いよいよ8時20分登山開始。
天気は上々、気温も絶好、北アルプスまでうっすら見渡せる。
なだらかな根子岳の山姿を見ながら牧場を歩んでいくと、白樺林に入り徐々に傾斜がきつくなってくる。
森林限界を越えると風が強く雪の斜面も多くなり、短靴では歩きづらく、やはりハイキングではなかった。
斜面の上に木杭が見えたので、もうすぐ頂上かと思いきや、ここからが結構あった。
それでも皆さんのスピードが速く10時前には頂上(2,207m)到着。
頂上は風のためとても寒く、ダウンを持ってきた方は正解でした。
頂上で昼食にする予定が、ティータイムに。
田中さんはすぐにお湯を沸かし、温かいミルクティーをみなに入れてくれ、たっぷりの木の実パンも配ってくれた。それらの美味しかったこと。
下山は別ルートにするが雪がとても多く、雪の中に靴が入るため靴下まで濡れてくる。
さすが宮崎コーチは雪の斜面をお尻で滑って降りていくが、さぞお尻が冷たかろう。
長い雪解けのガレキ道を過ぎると牧場に出て、後ろには今登ってきた根子岳が見え、気持ちがよい。
Tさん、Sさん達はトレイルランで下っていき、見えなくなるほど先を行っていた。
また、市街地に降りて来るまでにランニング合宿をやっているグループをたくさん見かけた。
昼になったので、美味しいそば屋に行こうと行ってみたら「本日休業」。
やむなく菅平名物ラーメンの「ラガーメン」を食べに行く。
ラグビーボール半分の形をしたドンブリに地元産の食材をつかった醤油味で、美味しかった。
ここで宿のバスに迎えにきてもらい、午後1時過ぎにゾンタック着。
この後、1時半からの最終スイムにも参加された方もいて、元気元気でした。

宮崎コメント
ちょっとこれは泳いでる場合ではない!というほど天気もよく、景色も最高!
山のプロ田中さんのガイド、準備の良さには感激でした。
みなさんの体力も田中さんが感心するほど。がんばりましたね!!!
私は終始楽しかったです。みなさんはいかがだったのでしょう?
藤田さん、レポートありがとうございました。
斜面はお尻で滑るのは早くて楽しいですよ!ちょっとスピード出過ぎ怖かったですが・・・。
写真撮ってもらいたかったな〜。(お尻で滑った跡だけは撮りました。)
怪我なく無事に下山でき本当に良かったです。みなさんありがとうございました。

今回はスイム&トレッキングでとても楽しかったです。
ガイドの田中さんは次回はスノーシュー・トレッキングも面白いので是非と言っていました。
また、楽しい企画「スイム&α」をお願いします。(と藤田様より)

スイムのレポートはこちら
[url]http://www.ocean-navi.com/cgi-bin/news.cgi?mc=07&pvc=110510150700[/url]

今回のキャンプの写真集。ぜひご覧下さい。
[url]http://happy-swim.cocolog-nifty.com/photos/201105078/p1010001.html[/url]

>
>
> >