今日も元気に満員御礼!

今日も元気に満員御礼!

2011年03月19日

3連休の初日。今日の新代田は満員御礼、たくさんの人に来ていただきました。やっぱりこうでないとね。

今日の1〜4コースは、後半に突然の背泳ぎ50m×8本というメニュー。気分転換にたまには上を向いて泳ぐのもいいかなと思い、メニューを考えたのですが「今日はあの背泳ぎが一番しんどかった」という人が続出。思いのほか、刺激になったようでよかったです。

節電でファンを止めて泳いでいたのですが、今日は大人数のものすごい熱気が室内に立ちこめて、少し咳き込んだり息苦しくなったりした方もいたようです。
後半には窓を全開にして、換気をしました。寒くなっちゃうかなと少し心配したのですが、みなさんガンガン泳いでいたのでまったく心配無用でした。

よく「新代田は塩素がきついよね」と言われます。
新代田のプールには、かなりの濃度の「塩素」が使用されているのではと思われがちですが、その濃度は0.4〜1.0mg/リットルで、みなさんが家庭で使っている水道水の塩素濃度とほぼ同じです。
前にも説明したことがあるかもしれませんが、プールの塩素濃度には基準が定められています。新代田の塩素も常に基準の範囲内です。

ではなぜ、塩素のにおいを感じるのか。別にむやみやたらに適当に塩素を投入しているわけではありません。

プール中の塩素は少しずつですが常に蒸発しています。屋内の温水プールでは、蒸発した塩素が屋外へ逃げにくい。
とりわけ新代田のような老舗のプールは、室内に対するプールの面積の割合が大きいので、他にくらべて蒸発した塩素が空気で薄まりにくいんです。
そして蒸発した塩素は空気よりも重いため、下に降りてきてプール水面に溜まってきます。
みなさんが泳いでいて呼吸をするときには、水面ギリギリの空気を吸うため、塩素の濃度が少し高めの空気を吸うことになります。それで、少し息苦しく感じることがあります。
もちろん、それでも安全と定められている範囲内の濃度なのですが、人によっては敏感に反応する場合があります。

さらにもう一つ付け加えると、今日のように多くの人が泳いで、プールの水がガンガンかき回されると、塩素がより多く空気中に蒸発していきます。
なので「参加者が少ない日はそうでもないのに、参加者が多いと塩素を感じてしまう」のは、そのためです。

ちょっと苦しいなと思ったら遠慮なくスタッフに言ってくださいね。換気等の対処をしますので。一番いいのは外気を吸うことです。

こちらの本心としては「こういうことを書くと、みなさんの足が遠のいてしまうかもしまうかもしれない」と心配なのですが、新代田の塩素に関しての質問も多いし、正しい認識をしてもらったほうがいいと思うので、ここで塩素とプールのメカニズムを少し書かせてもらいました。

さて明日は3連休の中日。レッツスイム新代田の担当は、上級が守谷先生、初級&フォーミングが真琴先生です。品川は残念ながら引き続きお休みとなります。

そして明日の『[url=http://www.ocean-navi.com/info/event/110318142804.html]Let’s 100m×50本[/url]』は新代田にて、17:30〜19:30でおこないます。
1分30秒〜2分10秒サークルで、5つのサークルをご用意してます。どんなレベルの方でも参加しやすいと思いますので、ぜひご参加ください。

また、何度も告知させてもらってますが、明後日21日(祝)の『[url=http://www.ocean-navi.com/info/event/110219180515.html]オーシャンナビ中・長距離記録会[/url]』はまだ受入可能です。ぜひぜひみんなで盛り上がりましょう!

ほなまた。