行ってきました!インドアサーキットスイム!

行ってきました!インドアサーキットスイム!

2011年01月22日

去る1月15日(土)に千葉国際総合水泳場で行われた、プール版OWSレース「インドアサーキットスイム」に21人のメンバーで参加してきました。
このレースは長水路(50mプール)のコースロープを全部外しで設置された5つのブイを周回して競います。ちなみに一周100m。500mの部・1000mの部・1500mの部があります。海と違って波はないにせよ、海水ではないし、浮力はあてにできず、壁を蹴ることはもちろん出来ません。やってみると以外に辛いこのレース。でも、土日のレッツスイムで日ごろ修行を積んでいるメンバーは堂々と戦ってきましたよ!

ではでは、参加選手からの参戦記&感想をお届けいたします。

[strong]【笠原】[/strong]私は1500mに出たのですが、スタート早々顔を2回も蹴られ右ゴーグルがズレて水が入って先が見えなくなったので、その場で立ち止まってゴーグルを直して再度泳ぎ出しました。もう蹴られるのはイヤだったので、集団の中に入らないようにしていたのにもかかわらず、なぜだか私の側に寄ってくる男性とコーナー付近ではいつも衝突してました。とっても泳ぎづらかったです。終盤、何週回ったか分からなくなったので係りの人に聞いた場所がずれていた為に係りのおじさん、なかなか返事してくれなくて、他の係りの人が私の係りの人を促して、やっと教えて貰いました。返答に結構待たされました。自分で確実に数えていないと、かなり無駄な時間を使ってしまい後悔しました。タイムは昨年より悪かったが、40分以内に完泳出来て良かったです。
[strong]【中山】[/strong]情けない内容と結果でしたが、良い経験になりました。そして、もっと練習しなきゃダメな事を痛感した1日でした。今回は楽しさを感じる余裕が全くなかったので、次回は…!
[strong]【森川】[/strong]サーキットスイム完泳できなくてすみませんでした。この年で生まれて初めての、すごい経験で感動しました。ありがとうございました。
[strong]【平山】[/strong]大変楽しく、皆様からの元気力をいただきました。新しいかたもちらほら参加されて新鮮だったと思います。これからも、いろんな企画がありそうなので楽しみにしています
[strong]【直】[/strong]サーキットスイムで金魚ちゃんたちと恥ずかしさに堪えながら泳いだことは「精神修行」になりました。 まじめに言いますが、インドアサーキットは「1500」に出ましょう!その後の食事会は最高に面白かったです。
[strong]【佐々木】[/strong]きれいな長水路のプールでブイを回って泳ぐのは気持ちよかった〜!しかし抜かれまくり、どんどん人影がまばらに。ビリかと思ってドキドキ、皆に注目されてんのかと固くなっちゃいました。周回を数えるのが大変でしたが、最後の直線で係の人が「ラストだぜ!」と力いっぱいジェスチャーで教えてくれたのが嬉しかったです。来年は食べ放題までコンプリートしたいです。
[strong]【森田】[/strong]3分落ちのタイムにがっかり、でもOWSの練習になりました、ブイの回り方を練習しなくては?!
[strong]【角】[/strong]"一つ一つ新しい世界を発見 楽しいです" "泳いでる間に励みになった事は私の未来の姿として憧れなY先輩が泳がれている事でした"
[strong]【三ツ橋】[/strong] やり終えた満足感あります、新年のスイッチが、入ったような?!マイ ペースで、マイ ゴールへ。そして、そのプロセスをエンジョイします。
[strong]【荻野】[/strong]まさかの、25〜34歳区分オーシャンナビ唯一の出場者。求ム、若い力!
[strong]【山野】[/strong]頑張りましたが、記録は今ひとつ、又来年頑張ります!
[strong]【遠山】[/strong]インドア仕様のOWレースは初参加でした。適度なバトルも体験出来るので海レース未経験の方にオススメだと思います。ただレースそのものが初めての方にはルールが自由すぎてかえって戸惑いがあったかもしれません。次回はもう少し仲間を誘って参加します。
[strong]【湯澤】[/strong]15周くらい数えられないわけがない、これが私の最大の欠点。
[strong]【佐藤】[/strong]海は広いな大きいな♪
[strong]【櫻井】[/strong]他では味わえないレースに皆さんと出られて光栄です。
[strong]【守谷】[/strong]やっぱり泳いだあとの打ち上げが楽しいですね!また泳いで呑んで一年間楽しく過ごしましょう!

さて、最後に熱血先生の引率日記。
めったにない、マネージャーオンリーの立場でプールサイドからレースを見守った感想です。
[strong]【浅見】[/strong]何よりもレッツスイムの力を思い知ったのは、周回があいまいな時、計測の係員の前でしっかりとした「立ち泳ぎ」で立ち止まり、たずねる姿。そして係員が返事にもたつくと、立ち泳ぎ+身振り手振りもつけて大声で抗議するたくましさ。難しいはずの「立ち泳ぎで前に進む」動作も興奮のあまり自然と出来ている皆さんの底力に私はとても驚きました。他にこんなことができるチームがあるでしょうか。泳ぐことの深い意味をみなさんが理解していることの証が、熱血先生にはまぶしい一日でした。
残念ながら途中棄権された方も「引き返す勇気」あるいは「最後まであきらめない気持ち」を状況に応じてきちんと発揮できていました。これはこの先海を泳いでいく中で、一番大切なことです。なによりも途中棄権を次のためのステップととらえ、翌日の朝、新代田のプールサイドに全員の顔が揃ったことをとても嬉しく思います。まだレースは続いていますよ。来年のお正月、また千葉国際プールでみんなで一緒にゴールするまで、頑張りましょう!
参加された皆様、お疲れ様でした。守谷先生以下数名、一周余分に泳いだ方は重ね重ねお疲れ様でした(笑)

このレースのスタートの模様(動画)をアップしました。
激しいスタートバトルをぜひごらんください。
500mの部
[url]http://video.nifty.com/cs/catalog/video_metadata/catalog_110120366835_1.htm[/url]
1000・1500mの部(1組目)[url]http://video.nifty.com/cs/catalog/video_metadata/catalog_110122367074_1.htm[/url]
1500m(2組目)
[url]http://video.nifty.com/cs/catalog/video_metadata/catalog_110122367075_1.htm[/url]

>
>
> >