サーキットトレーニングに出てみよう!

サーキットトレーニングに出てみよう!

2011年01月22日

今朝目が覚めたらすっかりばっちり筋肉痛の真琴です。

Tragetで久しぶりにスイムトレーニングして気分が乗ってきた私、調子に乗って翌朝はこれまた噂の朝のサーキットトレーニングに参加してきました。昨日のテーマは「インナーマッスルを鍛える」だそうで・・・。

終始笑顔の平田先生に促され、マットに横になったら最後、もう逃れられません。時折漏れてくる参加者の皆さんの「あぁ〜」とか「うぅ〜」とか、うめき声。いつも元気なKさんはうめき声も元気いっぱい。それにバカウケしているうちに辛かったけど楽しくあっという間に終わってしまった・・・。

ゆっくり体が目覚めてくる平田先生のメニューは「なるほどぉ〜」の連続でした。朝のドライランドトレーニングとしてはすごーく充実していましたね。トレーニング中、ちょっとしたポジションも平田先生が優しく直してくれるので、目的としている筋肉を外すことなく鍛えられた感じがしました。間違った姿勢でトレーニングし続けると故障の元にもなりますからね。メニューの中には普段TVを見ながらでも家で実践できるものもありましたよ。どうしても泳ぎに行けない日や出張先などでも役立つかもしれません。普段なかなか筋トレまでは時間が取れない方も多いと思いますので、ぜひ朝の時間を有効に使ってください。毎週金曜日は「サーキットトレーニングの日」と習慣づけてしまえば、1週間のトレーニングサイクルにメリハリがつくと思います。

普段スイムレッスンを担当させていただいている立場から客観的に参加者のドライランドの様子を見ると、各自のドライランドの弱点はそのまま泳ぎの弱点にもつながることがわかりました。(私自身も己を知りました)

特に体幹のインナーマッスルは「ガマンの筋肉」でもあります。
例えば毎日のようにやっているキャッチアップスイム、このとき前方は伸ばした手をキープして徐々に重心を前方へ移動していくとき、いつもよりほんの少しだけガマンできるかどうかで泳ぎはぐっと変わってきます。今日平田先生にいじめてもらった筋肉くんたちは、このとき力を発揮するものです。意識して力を入れるというより、しっかりトレーニングすれば泳ぎのポジションが自然に変わって来ますよ。

私はこのサーキットトレーニングの後、そのままスイムトレーニングをしましたが、すごく調子がよかったです。関節の稼動域が大きくなってる気がしました。水に乗ってる感があって気持ちよかった。ぜひ皆様お試しあれ〜。

さて、この1週間皆様から多数ご質問を受けておりました、前にスイムブログで書いた私の「初めてのアレ」ですが、告白しましょう。初めてのアレ、は何のこたぁない、横田基地のフロストバイトで「初めてのハーフマラソン」です。

結果および感想は。。。前日のサーキットスイムにも出場せず、新年会でもお酒の量を控えて備えたわりにはイマイチ・・・。完走こそ出来たものの(タイムは聞かないで下さい)エラ呼吸の私には、陸上の運動は水泳の何百倍も辛かったです。ランナー&トライアスリートのメンバーをつくづく尊敬しました。
結論!「20キロは走るより泳いだほうが断然楽!」・・・でもこれにこりず、また走ってみようと思います。次に走る時にはちゃんと練習します・・・。ぶっつけ本番はやめます・・・。スイムもランも同じですね。継続は力なり。練習は大切!ランナーの皆さん、また叱咤激励して下さいね。

このレースの女子総合優勝は、みんなのバラドル康子先生でした!
さすが康子ちゃん!おめでとうございます!
当日はレッツのメンバーも多数参加していると聞いていたのですが、毎朝のように会っている人でもなかなかマラソン会場では見つけられないものですね。それもそのはず、水着以外の姿ってお互いあまり見たことないんだもん・・・。と、いうことで辛うじて会えた乙女3人、完走記念にレッツ婚活RUNな感じの写真を撮ってきました。

福島先生は、明日、ビッグレース「品トラ」出場を控えているそうです。
福ちゃん、明日もまた婚活パワーで頑張ってくださいね。
スタッフのドリームチームは最強ですよ!
出場される方は打倒スタッフの心意気で頑張ってください!

先週末にみんなで参加した「インドアサーキットスイム」のレポートは本日夕方までにはアップできる予定です。
どんなレースなのか、興味のある方も多いかと思いますのでスタート風景の動画も入れてみました。
なかなか白熱した雰囲気をぜひご覧になってみてください。
参加者の皆さんの感想も掲載させていただきました。なかなか読み応えがありますよ。お楽しみに!

>
>
> >