平泳ぎのタイミング

平泳ぎのタイミング

2011年01月21日

年下のにやけ顔、さくです。

レッツスイム品川の金曜日は『クロール+1』ということで、いつものクロール中心のメニューに加え、後半に10〜15分ほど時間を取って、クロール以外のワンポイントを何かピックアップしてレクチャーしています。
今日の「+1」は平泳ぎの手足のタイミング。

平泳ぎの手と足のタイミングって、意外と知られていないというか、気にしたことがない人が多いと思います。
文字で伝わるかどうか分かりませんが、簡単に言ってしまうと
「手を掻ききる頃に足を引きつけ、手を前に伸ばしてからキックする」
ポイントは、手を前の伸ばすのと同時にキックをしないということです。

今日もそうでしたが「へー、手を伸ばしてからキックするんだ。今さらだけど初めて知ったなー」という人が多いのではないでしょうか。というか、平泳ぎとなると泳ぐことで精一杯で、そんなことを考えたこともなかったという感じかもしれません。
手と足を同時に伸ばすと、キックの力を手のリカバリー動作で消してしまうことになります。そうではなくて、手が伸びてからキックを打つ。そうすると上半身が水平になっているので、キックの威力を発揮でき、しっかり進みます。
どんな種目でもそうですが、「伸び」の時間をしっかり作ってあげたほうが効率的に進みますからね。

ただ、実際にやってみると、手と足同時でないとなかなかリズムが取れないんですよね。これは体で覚えるまで練習するしかない。
本当は1時間くらいじっくりと、この手足のタイミングの練習をやりたいところなのですが、そればっかりに時間を割いてもいられないので、今日は口でのレクチャーでほとんど終わってしまいました。
でも理論だけは頭に入ったと思います。知ってると知らないのでは大違いですからね。特に大人の水泳は。
実践の続きは[url=http://www.ocean-navi.com/swim/onswim.html]『4泳法のクラス』[/url]にぜひ参加して、徹底的にやってみてください。

来週の「+1」は「いろいろなスカーリング」です。

さて、明後日は『第16回品川トライアスロン』ですね!スタッフチームは完走できるのか!? ぜひみんなで参加しましょう。スイムのみやランのみってのもOKですよ。

そして、今日レッツスイムに参加された人は耳にしたかもしれませんが、来月に、今までにはない「えーっ!」というようなツアーを開催します。「とうとうここまでやりますか」というようなツアーです。
詳しくは、今日の夕方にはホームページにアップできると思いますので、トップページの『インフォメーション』をぜひチェックしてください。日程は2/17(木)・18(金)と平日になってしまうのですが、世界遺産へ行っちゃいます。もちろん行くだけではありません。オーシャンナビのツアーですから…。

明日のレッツスイム品川&Gotenyamaトライアスロンクラブは、平田先生と佐々木トレーナーが担当です。明日も元気に泳ぎましょう!

ほなまた。