湯河原〜真鶴オーシャンスイムピクニック報告

湯河原〜真鶴オーシャンスイムピクニック報告

2010年11月24日

2010年11月23日(火祝)に湯河原真鶴オーシャンスイムピクニックを実施しました。

前日から当日午前中にかけての雨がスイムピクニック開催中だけピタリと止まり、薄日が射す、嘘のような天気にみんなテンションUP。
わくわくしながら湯河原ヘルシープラザで着替えを済ませ、いざ海岸へ!集合場所となる湯河原海水浴場にはこれぞ!といわんばかりのオーラを放つライフセーバー5人がお出迎え。それを見た女性陣(特に熱血先生)はなんとなく嬉しそう。そんなライフセーバーこそ日本で実績、実力共に日本一を誇る湯河原ライフセービングクラブの皆さん。今回はこの湯河原の海を知り尽くした5人のライフセーバーにサポートをお願いしてオーシャンスイムピクニックをスタート。

まずは前日からの悪天候による波がみんなを先制パンチ?サーファーが喜ぶような波がジャンジャン押し寄せる中、ドルフィンスルーでクリアーし、沖に出ると、神奈川とは思えない透明度、そして出だしが嘘のような穏やかな海にガラっと変わりました。水温もこの時期にしては高め(20度以上はあったと思います)という絶好のコンディション。みんなそれぞれのペースでさらに沖へと泳ぎだす。10分くらい泳いだら全員がまとまって3分程度の休憩や記念撮影を繰り返すし、また真鶴半島を目指してさらに進む。これがオーシャンナビが考案したオーシャンスイムピクニック。
よっぽど楽しかったのか?予定していた折返し地点にあっと言う間に到着すると。ライフセーバーの慶太さんから『みなさん どうしますか? もっと泳ぎますか?』と尋ねられるとすかさず『もちろん もっと泳ぎたい!』とニコニコしながら全員が返事。 『では 真鶴の名所でもある 三ツ石 が見えるところまで行きましょう! 』ということになりのんびりとしたペースでさらに進む。進めば進むほど透明度もぐんぐん上がり感激。 いよいよ三ツ石が見えるところまで来ると『あそこに見える三つの岩があるところが三ツ石です。』と慶太さんから言われると、『あそこまでならすぐに行けそうじゃない?』という声もありましたが、この時点で1時間近く泳いでいる。この時期はあまり長い時間海に浸かるのは。。。という判断で守谷が『今回はこの辺にしておきましょう。来年必ず三ツ石往復を実現させますから!』とみんなを説得して折返し。復路も行きと同じように10分程度泳いで2〜3分休憩を繰り返して湯河原海水浴場へ戻り、あっという間の約2時間のオーシャンスイムピクニック終了。のんびり湯河原の海を存分に楽しんできました。

この時期にしては本当に寒くなく、ウェットスーツを着ていれば快適に泳げる水温。また湯河原は周りを山に囲まれており、この時期は紅葉もきれい、いい景色、そして沖には初島や大島がくっきりと見える。透明度もよく、魚も見ることができるオーシャンスイムピクニックにはもってこいのポイントでした。来年も企画しますので今回参加できなかったかたは次回をお楽しみに!(守谷)

このスイムピクニックの様子を写真でご覧下さい。
[url]http://happy-swim.cocolog-nifty.com/photos/20101123/pb233264.html[/url]

>
>
> >