海を泳ぐための∞泳法教室

海を泳ぐための∞泳法教室

2010年11月21日

ふとブログを見たらなぜだか熱血と呼ばれていることに気づいた真琴です。
(ちなみに本人はぜんぜんそのつもりはないんですけどね)

さて、最近ふと気づいたことがあります。
よく「4泳法を泳げるようになりましょう!」とか言いますけど(現に私もよく言っていますが)
はたして泳ぎ方ってほんとに4つでいいの?

先週の「海を泳ぐための4泳法」クラスは、テーマは平泳ぎでしたが、
結果的に一般的な4泳法に当てはまる泳ぎをしている時間のほうが少なかったような気がします。
アップはドル平とバタ足平泳ぎ…2つの異なる泳ぎ方を通して前後への体重移動とプルの位置(深さ)
大きさ(どこを大きく掻くか)などを体感してからノーマルタイミングの平泳ぎへ…
不思議と自然にみんな伸びのある泳ぎになってる!
前の週に撃沈した辛いヘッドアップ平泳ぎも、最後には遊びでシンクロ的要素も入れて、
右に首を振ってニコッ!左に首を振ってニコッ!と表情をつける余裕まで出てきました。
こう書くと、水曜の夜ってみんなで遊んでるんじゃないの?と思われるかもしれませんが
そんなことはありませんよ!!!
私がこの練習で何を伝えたかったことは、しっかり伸びて待てないと、平泳ぎはうまくなりませんよ、
しかも、大きく掻くのは「しっかり伸びが取れるという前提で」プルの初動ですよ、ということ。
皆さんも良かったら顔上げ平泳ぎをやってみてください。
すぐに撃沈する人は、おそらく完全に手が前に伸びて体重が乗る前に開いてしまう人です。
その後、胸のほうに向かってかきこみが深くプルの後半が大きい人も沈みます。
海で方向確認する時もこの要素は変わりません。
海で泳ぐ時、平泳ぎって知らず知らずのうちに無意識で使っているものです。
ぜひ皆さんも顔上げ平泳ぎをマスターしてくださいね。

その他4泳法クラスでは「楽しく辛い」メニューも数多くご用意してます。
顔上げ平泳ぎ→立ち泳ぎの繰り返し、なんてこともやってます。
立ち泳ぎから平泳ぎへの体位変換の際の体重移動もさることながら、足の裏の感覚の変化も
意識して欲しい練習だったんですが、参加された皆さん分かってくださったかしら?
他にもご紹介したいメニューがたくさんあるんですが、長くなるので続きは4泳法教室でね!
もちろん、ノーマルな平泳ぎの習得も今現在の平泳ぎの泳力を高める練習もちゃんとやりますから、
是非皆さんふるってご参加くださいね。お待ちしています。
次回24日(水)のテーマは「平泳ぎをキタジマ的タイミングに近づける」です。
あくまでちょっぴり近づくだけですけど。

そんなわけで、この教室を担当するようになってから特に、
私は教室のタイトルに反し、4泳法って言葉に違和感を覚えるようになってきました。
泳ぎ方って自由なんじゃないか、無限大∞なんじゃないか、最近そう思います。
そして、無限大の可能性を秘めたメンバーの為に無限大のメニューを飽きることなく考えては
ニヤニヤ出来る自分に幸せを感じる今日この頃なのでした。

さて、これから年末にかけ、オーシャンナビのイベントも無限大です。
 [url=http://www.ocean-navi.com/info/event/101110130402.html]湯河原スイムピクニック[/url]・[url=http://www.ocean-navi.com/info/event/091016144507.html]オーシャンナビ記録会[/url]・[url=http://www.ocean-navi.com/info/event/101112112613.html]大忘年会[/url]・[url=http://www.ocean-navi.com/info/event/101119115649.html]フォーム撮影会[/url]・
 [url=http://www.ocean-navi.com/info/event/101111191011.html]山手線一周ランニング[/url]・[url=http://www.ocean-navi.com/info/event/101119113947.html]50×210本[/url]などなど・・・。
全部まとめて、無限大に楽しみましょう!お申込は [ml]info@ocean-navi.com[/ml] まで
まずは28日の記録会にみんな集合!泳いだ後のビールは美味しいですよ!

今週もたくさん泳いで元気になろう!!!