プールも海です

プールも海です

2010年10月24日

おはようございます。真琴です。
今日は日曜日。守谷先生の「距離にこだわったメニュー」はいかがでしたか?私は「睡眠」にこだわっていました。

さて「海を泳ぐための4泳法教室ではどんなことをやっているの?」最近メンバーによく聞かれます。
そこで今日は、気になる中身を惜しみなく公開しちゃいます。
たとえば、先週10/20の練習メニュー。テーマは「バタフライのタイミングを自由に操ろう」でした。

メイン練習はこんな感じ。
<バタフライのバラエティスイム>※すべて50メートル1本づつ
?右2・左2・両手2の繰り返し→?右1・左1・両手1の繰り返し→?右3・左1・両手2の繰り返し→?右1・左3・両手2の繰り返し→?キック3回に1回ストローク→??と同じでキック4回・3回・2回・1回の繰り返し→?ドル平+ドルフィンクロール→?クロールバタフライ(足がバタ足で手はバタフライ)・・・

とにかくポンポン矢継ぎ早にやることが変わって、頭も体も切り替えが忙しくてたいへんなメニューです。
でも飽きることは決してない(笑)あんまり普通のスイミングではやらないような練習メニューでしょ?
しかもこれを長水路(50mプール)でやるんです。ここがオーシャンナビ的でしょ?超人的です。
でも、これをこなしている人がさぞかしすごい猛者かというと、その限りでもなく、新代田で言えば3・4コースの方がほとんど。しかもバタフライは初めて、もしくはようやく25m、必死にたどり着く、というレベルの方ばかりで10月第1週を迎えたのですが・・・。
さて、こんな練習で、参加者の皆さんがどう変わったのかと言うと・・・この練習会、ほとんど9割バタフライばかりで1000mくらい練習するんですが、その最後に、50mバタフライにみんなで挑戦してみました。

さぞかしお疲れのメンバーが力泳する様子→[url]http://video.nifty.com/cs/catalog/video_metadata/catalog_101024350603_1.htm[/url]
これが、練習の最後の最後であることを考えると、すごくないですか?
しかもここは長水路・50メートルプールですよ!
論より証拠。これが4泳法教室の力!!みんなでがんばりました!

実はこのバラエティスイムで目指したのは、「不規則性」の中で「一定のリズム」を保って泳ぐこと。この2つ組み合わせで海で泳ぐのに近い状況を作り出して“予測不可能な状態にどう対応するか”の練習でもあると思って、楽しみつつ、苦しみつつ、体験してもらいました。海に出てしまえば、どんなに正確なストロークも役に立たないこともあるし、逆にプールで正確なストロークを体で理解していればこそ、対応しうる海況もあります。

ある意味、これが完璧に出来なくてもいいんです。
呼吸が十分に出来なくても慌てない、腰が沈んだらどうすれば過ぎに体勢を元に戻せるのか?それって理屈ではありません。荒治療かもしれないけど、いろんな泳ぎ方をしてみてナンボ、試してガッテンな練習です。
たくさん距離や本数を泳ぐレッツスイムの朝練の反復性と合わせたらすごく力になる練習だと思いますよ。
なかなか言葉では伝えにくい点が多いので、DEEPな世界を体験したい方はぜひ4泳法教室に遊びに来てくださいね。

さて、次回10/27(水)の「海泳ぎ4泳法」のテーマは「ロング!ロング?ロング?!バタフライ」です。全4回のしめくくりですが、復習もかねて練習しますので、初めての方も超初心者の方も是非ご参加ください。ちなみに「ロング」の定義は人によりまちまちです。目標値は各自で自由に定めることが出来ます。でもせっかくの長水路ですからねぇ。
お申込は [ml]info@ocean-navi.com[/ml]まで。お待ちしています!

来月11月は平泳ぎを頑張る予定です。