他ではありえない練習メニュー – 「ななめスイム」

他ではありえない練習メニュー – 「ななめスイム」

2010年04月17日

さくです。

今日は朝から、少し目を疑うような風景でした。朝起きて庭を見てみると、うっすらと雪が積もっているじゃないですか!もう4月も後半。桜も散ってしまったというのに、ここにきて雪ですか…。

みなさんご存知のとおり、毎朝レッツスイム新代田の開催日には、プール裏側の専用入口に「入口」という看板とレッツスイムの「のぼり」を設置してます。今朝もいつも通り、鉄階段を下りてのぼりを設置しようとしたところ、積もっている雪で見事に転倒!そのまま漫画のように、お尻から階段を「ガンガンガンガンガンガン…」と一番上から一番下まで滑り落ちてしまいました。さいわい、手の甲を少しぶつけただけで怪我はありませんでしたが、全身びしょびしょ。雪が積もっている階段には滑り落ちた尻もちの跡がくっきり…。
季節はずれの雪に、少し油断していました。みなさんも気をつけてくださいね。これから海のシーズンに入っていくので、無駄な怪我だけはしないように。

今日の上級のメイン練習は、他のレッスンやスクールではまずありえないメニューでした。
右の上の写真、コースの真正面からまっすぐ前に撮ったものです。よーく見ると、このプールなんかおかしくないですか?そう、コースロープが少しいつもと違う。

名付けて「ななめスイム」
実はコースロープがななめに張ってあるんです。プールの底のラインから15°くらい右に曲がったコースで泳ぎます。ただそれだけなんですが、これがかなり深イイ練習なんです。もちろんこれは海で泳ぐことを考えて作られたメニューです。
普通はこんなフォームが崩れてしまいそうな練習は、絶対にしませんよね。でも海で泳ぐためには、こういった練習はかなり有効です。
プールサイドに置いてある練習メニューには「状況を把握して泳ぐ」と書いておいたので、先に盗み見していた人は「これは何?」とつぶやいていましたが、まさに海と同じような「状況把握スイム」です。
実際に泳いでみると、前を泳ぐ人、後ろから泳いでくる人、すれ違う人、そしてコースロープ…など、いろんなものを見て、感じて、把握しながら泳がなければなりません。僕は左呼吸なんで、ななめに張ってあるコースロープをしっかり見ることができず、かなり感覚を研ぎ澄まして泳がなければなりませんでした。
次回はこれを左回りで泳いでみましょうね。

今日はレッツスイム終了後、メンバーの全さんから、みなさんへキムチのプレゼントがありました。お仕事で取り扱われている新製品ということで、なんと参加者全員に2パックずつプレゼント。今日みたいな寒い日にぴったりですね。ありがとうございます。

さて明日は、宮古島トライアスロンですね。参加される方々、頑張ってください。東京は雪だけど、宮古島は大丈夫かな?レッツスイムに来ているメンバーさんなら、リラックスして泳げばスイムは絶対に楽勝なんで、楽しんでレースしてきてくださいね。いい報告をお待ちしています。

明日のレッツスイム新代田は上〜中級が守谷先生、初級は桜井が担当です。レッツスイム品川&Gotenyamaトライアスロンは、数々のトライアスリートを育て上げてきた平田先生が担当です。ぜひお越しください。

ほなまた。

  

>