練習道具

練習道具

2010年01月15日

Let’s Swimのトレーニングの主な特徴は
●完全持久系
●より長く、より早く泳げるようになるためのメニュー
●クロールに種目を絞っている
●海で泳ぐことを常に意識した内容
と言ったところですが・・・

それ以外の特徴としては、『水泳用具を積極的に使う』ということも大きな特徴だと思います。

道具を使うと実際のスイムとのギャップが出てしまうので、できるだけ道具を使わないという考えでメニューを作る指導者も多いのですが、あえてLet’s Swimではガンガン使います。

なぜか?

1.水泳はとっても単調な運動?なので、道具を使うことで、毎日飽きずに泳ぐことができる。

2.身体は負担をかけてあげることで強くなります。パドルやフィンなどの道具を使えば手軽に負荷を増すことができ、質の高いトレーニングができます。

3.パドルやフィンを使うと、道具を使用していない状態よりもゆっくりと動作が行えるのでフォームの確認がしやすい。

などまだまだ考えれば出てくると思いますが、逆に欠点としては過度に使うと身体を壊しやすくなるのも事実。でもどちらかといえばいいことのほうが多いです。

Let’s Swimの定番のメニュー構成は
ウォーミングアップ(フィンなどを使うことが多い)→ドリル→フォーミング→プル(パドル・プルブイ使用)→メイン→ダッシュまたはオーシャンスイムテクニック→ダウン

という流れで実施することが多いです。 Let’s Swimで必要なアイテムはパドル・プルブイ・フィンです。うちプルブイは皆さんが自由につかえるものを用意してあるのですが、これからLet’s Swimに参加しようと考えている方は、最低限パドルとフィン用意してください。※Let’s Swim新代田では当日、パドルとフィンの販売もしております。

そしてなんと便利なことに道具はプールにて保管することもできます。 が!最近道具の数が多くてあふれかえっています。 自分のものを探すのに時間がかかってしまうことが多いみたいなので、今朝とりあえずフィンの箱を写真のように『平日』・『土日』に分けてみました。 平日来るかたは『平日』へ。
土日しか来れない、またたまにしか来れないという方は『土日』の箱へこれからは入れるようにして下さい。

またフィンの入ったケースはめちゃくちゃ重いです。いつも早くいらしたメンバーが倉庫からプールサイドへ率先して運んで用意をして下さっているのですが、そのうち腰を痛める方が出て来ると考えられます。こんな最悪な事態になる前に、とりあえず平日は『平日』と書いてある箱しか用意しません。もし土日の方でめずらしく平日に来れた!という方はいつも道具が保管してある倉庫(階段)へ行ってご自身のものを用意するようにしてください。またトレーニング終わったらまた当分平日に来れないようであればまた『土日』の箱へに戻すようにして下さい。
もちろん土日のトレーニングでは両方の箱を用意します。

それからいつもどうしても自分の道具が見つからなくて面倒、けど預けておきたいという方は、新代田スイミングでプライベートロッカーが用意されています。3ヶ月で¥1500ととってもリーズナブルなのでこちろを利用するのもいいかもしれませんよ。

では明日も道具をガンガン使いますよ! 明日のLet’s Swim新代田の担当は上級が桜井先生、初級〜中級が守谷、gotenyamaトライアスロンクラブは平田先生です。
待ってますよ!