ほんとにメニューは深イイんですよ

ほんとにメニューは深イイんですよ

2009年04月24日

どうも、さくです。
日々練習メニューを作る立場からの発言を少し。

「他のスクールではやらないような練習をやるよね」って言われることがしばしばあります。
Let’s Swimではバラエティに富んだ練習メニューが特徴だったりします。そんな中でも、個人メドレー等の4種目の泳ぎの練習をすることが意外に多い。特に後半の時間に。これはなにも時間稼ぎのためとか、練習メニューのネタがなくてとりあえず、とかってわけではありません。

ひょっとしたら「海で泳ぐ競技しか出ないんで、クロール以外の練習は必要ないんだよな…」と思っている方がいるかもしれません。でもその考えはちょっと待った。
海で泳ぐためにはクロール以外の種目の練習も重要なんです。

ヘッドアップしても前方がしっかり確認できないときや、他の泳者と交錯したときなんかは平泳ぎが必要になります。波打ち際では、海の底を蹴ってバタフライの要領で両手を回して泳いだほうが、楽に速く進みます。何百回、何千回と腕を回して泳ぐ海のレースでは、休憩・気分転換として背泳ぎはとても有効的。

その他、ブイにつかまって休憩したり補給をするときなんかは立ち泳ぎもします。浅場で大きな波を越えるときには、波の下にもぐって潜水もします。スタートとゴールのときには水中Runもします…。
もちろんヘッドアップやツービートクロールも海で泳ぐ練習としては重要ですね。

でもこんな練習も、じつは波の上でバランスをとるという点ではとても実戦的。

レッツスイムで行われている遊びのような練習メニューも、実は海で泳ぐにはとっても有効的な練習だったりするんです。(日々の練習メニューって、意外と緻密に考えられてる!?)
楽しく泳ごうというがモットーなんで、そういうメニューのときは、あまり細かいことは考えず、ゲーム感覚でこなしてもらえればいいですよ。ゲーム感覚で泳いでいたら、いつの間にか海で泳ぐテクニックが身に付いていたってことになってるといいですね。

さて、明日のLet’s Swimは上級担当が桜井、初級〜中級が守谷先生、そして周りの新緑が気持ちいいLet’s Swim品川の担当は平田先生です。
明日も元気に泳ぎましょうね!

 ほなまた。