雑誌『SWIM』の撮影

雑誌『SWIM』の撮影

2009年04月16日

こんにちは、さくです。

今日はレッツスイムの時間中に、雑誌『SWIM』の撮影がありました。後半、コースを1つ撮影専用にあけていただいて、ありがとうございました。
来月号に「オープンウォータースイムの対策」ということで、守谷先生が写真付きで分かりやすく海の泳ぎ方をレクチャーするという特集の撮影でした。先日この特集の取材があり、僕も同席したのですが、これから海で泳ごうという方には、かなり目からウロコ的な内容が満載になると思います。ぜひ読んでみてくださいね。

それでというわけではないのですが、今日のレッツスイムの後半には、最近好評の?障害物スイムをやりました。プールのコース内にビート板やらプルブイやら発泡ポールなんかを無造作に浮かべて、それを避けながら泳ぐというもの。海でヘッドアップをして状況を判断しながら泳ぐ、ということを意識した練習です。
そしてそのあとには5つのコースを、コースロープをくぐって越えながら斜めにダッシュするという、コース横断泳をやりました。

これらの練習に『SWIM』の編集者は興味深々。みなさんがこのメニューで泳いでいる姿を、かなりの枚数写真を撮ってました。ひょっとしたら、来月の『SWIM』にみなさんの泳ぐ姿が載るかもしれませんよ。

『SWIM』は毎月19日発売です。ちなみに今回の撮影は、来月号5/19発売のものに掲載されます。ぜひご覧になってくださいね。

さて明日のレッツスイムは、上級が守谷先生、中〜初級が桜井です。明日も楽しいメニューを用意してみなさんをお待ちしてます。

 ほなまた。